【エンタがビタミン♪】鳥山明氏が「これこそがボクの理想」。映画『西遊記~はじまりのはじまり~』はドラゴンボールファン必見の快作。

TechinsightJapan / 2014年9月19日 15時0分

写真

映画『西遊記~はじまりのはじまり~』を一足先に鑑賞した漫画家の鳥山明氏は、「久々に完璧な娯楽映画を観ました!」「これこそがボクの理想とする娯楽映画の最高峰であります!」と絶賛している。このたびその予告動画が解禁となったが、もし鳥山氏が西遊記をアニメに描いたらこんな作品になるのだろうなと思えるような痛快さだ。漫画やアニメで『ドラゴンボール』を知るファンはもちろん、そうでない人も繰り出される技の数々や豪快なアクション、そして明かされる孫悟空本来の姿など大いに楽しめる作品となっている。

「西遊記」の始まりの物語『西遊記~はじまりのはじまり~』(原題:『西游 降魔篇』)をこれほど奇想天外な映画に撮るチャウ・シンチー監督。彼の作品、『少林サッカー』や『カンフーハッスル』でもテンポの速い展開や破壊力のあるアクションに度肝を抜かれたものだ。その彼にとって6年ぶりの最新作はさらにパワーアップしており、2013年中国映画興行記録1位のメガヒットとなった人気も納得できる。

中国の伝奇小説「西遊記」は日本でも有名だが、本作では一旦その設定を忘れなければならない。三蔵法師、孫悟空、沙悟浄、猪八戒の4人が出会う前のオリジナルストーリーとなっており、なにしろ孫悟空は妖怪王で、三蔵法師は妖怪ハンターとして登場。沙悟浄と猪八戒もこれまでのイメージとはずいぶん違うキャラクターとなっている。さらに美人妖怪ハンターやトラ拳カマキリ拳などを操る“虎筋蟷螂アニキ”、自分の足を自由自在に巨大化させる“足じぃ”、そして剣の達人だが病弱な“イケメン空虚王子”など強者たちが登場して戦いを繰り広げる。

『ドラゴンボール』も、「西遊記」を題材にしながら原作とは違ったストーリーを展開する作品だ。その作者の鳥山明氏をしてこの映画で三蔵が初めて出会った時の孫悟空の姿や、その悟空が見せた本来の姿にはびっくりしていた。映画のコピーどおり「ありえねー!」「とんでもねー!」のだ。

本作について、鳥山明氏は次のようにコメントしている。

「予想と常識の壁を遥かに超えてみせる銀河系最強のおもしろさ! 久々に完璧な娯楽映画を観ました! 些細な部分など、どうでもいいと思わせる強烈なエネルギー! マジとギャグの見事な使い分け! 堂々とした安っぽさの演出! 計算されたストーリー展開! これこそがボクの理想とする娯楽映画の最高峰であります!」

「お世辞を言ったところでボクに得があるわけでもないので、けっして大げさな表現でもなんでもありません。ボクは職業柄、映画を観ていても、つい先の展開を考えてしまったりする悪いクセがあるのですが、この映画に関しては有名な『西遊記』がモチーフであるにもかかわらずまったく予想ができませんでした。映画のセオリーやルールのようなくだらない概念だって通用しないのです。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
テックインサイト

トピックスRSS

ランキング