【イタすぎるセレブ達】ジャスティン・ビーバー、『ナイトライダー』の車“ナイト2000”の声に挑戦。

TechinsightJapan / 2014年9月26日 19時55分

写真

(“ナイト2000”に乗るジャスティン)

米時間23日、カナダ人歌手ジャスティン・ビーバー(20)が米俳優デヴィッド・ハッセルホフ(62)と共に“ナイト2000”に乗る姿をキャッチされた。なんとジャスティン、ある新作映画でこの車の“声”を担当するそうだ。

トラブルと迷走続きのジャスティン・ビーバーが、デヴィッド・ハッセルホフと共に米ドラマ『ナイトライダー』に登場した言葉を話す車“ナイト2000”に乗る姿を撮られた。このドラマは1980年代に大ヒットしたハッセルホフ主演作で、日本でも大人気を博した。

その“ナイト2000”の声を、なんとジャスティンが務めることになったという。映画の正式タイトルはまだ決まっていないが、『Killing Hasselhoff』や『Celebrity Death Pool』といったタイトルが候補に挙がっているもよう。内容はコメディでハッセルホフの命が狙われるというが、このストーリーにどの程度ジャスティンが関わるかは不明だ。

ちなみに“共演”をもちかけたのはハッセルホフ本人で、電話で頼んだところあっさり引き受けてもらえたとのこと。またハッセルホフは、ジャスティンについて「良い子だよ」「彼の音楽も好きだし、もう5年も知り合いなんだ」とメディアに語っている。オリジナル版の声とはずいぶん異なるという指摘もあるが、ジャスティンのファンは今から興味津々であろう。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング