【エンタがビタミン♪】剛力彩芽がグループ魂にアドリブ返し。港カヲルが「すごいねこの子!」

TechinsightJapan / 2014年11月1日 17時30分

写真

パンクコントバンド・グループ魂が、音楽番組『ミュージックステーション』に4年ぶりの出演を果たした。アドリブ満載のステージで、彼らが絡んだのはジャニーズWESTでもNMB48でもなく、剛力彩芽だった。次々と繰り出される破壊(阿部サダヲ)や港カヲル(皆川猿時)のアドリブに彼女は耐えられるのか。

10月31日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)では、剛力彩芽が出演して新曲『くやしいけど大事な人』をパフォーマンスした。彼女は2013年7月に同番組でデビュー曲『友達より大事な人』を生歌で披露してネットで「歌が酷い、放送事故レベル」と話題になった過去がある。今回は、『くやしいけど大事な人』の振り付けにテニスラケットを用いた経緯を話すなど落ち着いた様子で、ステージでもキレキレなダンスを見せた。

ネットでは「剛力さんダンスはめちゃうまいよなぁ」、「ラケットダンスを見た娘1歳がなにやらうちわを持ち出してきて踊ろうとする」など反響があった。そんな剛力彩芽がまさか別の意味で「放送事故レベル」と言われる事態に巻き込まれるとは、ファンも予想できなかっただろう。

トリを務めたのはグループ魂だった。阿部サダヲや宮藤官九郎、皆川猿時など演劇界の7人が組んだバンドだ。楽曲『君にジュースを買ってあげる・better』を披露する前に、MCで「コンバンハ! なんかみたことあるブサイク46歳、略してNMB46、センター、港カヲルです」とひな壇のNMB48をいじりながら「1曲お送りいたします、聴いてください、“ルビーの指環”っ」とハチャメチャな曲紹介から始まった。

リードボーカルの破壊(阿部サダヲ)を中心に全員でノリノリのステージを繰り広げると、間奏タイムに入る。破壊が「さあ、君にジュースを買ってあげられるコーナーがきたよ! 今日は誰に買ってあげようかな~」とひな壇へ近づきながら「タモリさんはお金をいっぱい持ってそうだからいいねっ、ジャニーズWESTは人数が多すぎて、僕の財力じゃ足りないし…」とNMB48に振るかと思いきや「グループの人は無理だな」とスルー。「なんか1人で来ている人いないかな~? いたー!」と剛力彩芽に白羽の矢を立てた。突然の出来事に彼女も驚きのあまりポカンとした感じだ。

破壊は「剛力っ『つよしのちから』と書いて剛力っ、君にジュースを買ってあげる!」と言いつつ彼女の前に立つと、「君はどうしてラケットを持ち歩いてるんだ?」と振った。すると、剛力が「あの、踊ってたんですけど、使いますか!?」と自然に返したので「ハハッ、そんな、マジックはいらないよ」と破壊が逆に焦ってしまう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
テックインサイト

トピックスRSS

ランキング