【エンタがビタミン♪】北川景子「時計は人生のパートナー」。まばゆいオーラを放ち「光と時の空間」に登場。

TechinsightJapan / 2014年11月13日 19時53分

写真

クリスマスのイルミネーションが輝き始め、街は徐々にクリスマスムード一色となってきた。表参道では約6万5千個の地板(ぢいた)で作り上げる圧倒的な光の空間がお披露目され、女優・北川景子が点灯式に登場した。

13日、表参道・スパイラルガーデンにて“LIGHT is TIME”ミラノサローネ2014凱旋展オープニングイベントが開催された。これはシチズン時計(株)が今年4月にイタリア・ミラノにて行われたデザインの祭典『ミラノデザインウィーク(ミラノサローネ)』に初出展し、インスタレーション“LIGHT is TIME”を再現したもので、まばゆい光のシャワーを楽しめる。現地で二冠に輝いただけある素晴らしい空間は見るものを圧倒する。



シチズン・クロスシーのブランドイメージキャラクターを務める北川景子が、光に負けないくらいの輝きを発しながら2階のスロープから登場した。北川による点灯で光で発電するエコ・ドライブ ウオッチを通し「光と時」の空間が会場いっぱいに広がった。



点灯をつかさどった北川もライトアップされた「光と時」の空間に、「とても神秘的で美しい」「時計の地板だと思えないほど、ビックリした。地板が連なった物に光をあてることにより、このような幻想的な空間ができるのだなと驚き、息をのんだ」と語る。美しい空間に圧倒されたようだ。



自身がイメージキャラクターの腕時計を普段からつけているという北川は、腕時計の魅力を「華奢で繊細ながらチタニウムが高級感のある光を放っているので存在感がある。とても軽くてつけていることを忘れるほど、アクセサリー感覚」と絶賛した。「時計は人生のパートナー。心強い相棒」と語った北川だが、人間の人生のパートナーはいつ現れるのだろうか? そちらのパートナーも早く紹介してもらいたいものだ。
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング