【エンタがビタミン♪】<松村邦洋インタビュー>阪神愛の根源語る。マイブームは「竹中直人と寺尾聰」。目標体重は70キロ。

TechinsightJapan / 2014年12月7日 12時20分

写真

芸能界には熱狂的なタイガースファンが数多く存在する。そのなかでも阪神タイガースへの圧倒的愛情を持ち、歴代選手・監督の物まねは本家以上? プロの解説者顔負けのトークができる人物といえば松村邦洋だろう。その松村邦洋に阪神愛、野球愛について熱く語ってもらった。

先日、都内にて「スポキャンオキナワ2015カウントダウン!」記者発表会が行われ、ゲストには野球解説者の田尾安志、プロスポーツコメンテーター山崎武司と阪神タイガースファンであり野球をこよなく愛するお笑い芸人松村邦洋の3人が熱いトークを繰り広げた。来年のペナントレースの順位予想など大いに盛り上がり、終始阪神の歴代監督・選手の物まねをした松村に「最後まで阪神だね」と田尾から感心されるほど松村の阪神愛は強い。



■小さい頃から洗脳!? 弱いチームが強くなるのが好き
――お父様の影響で阪神ファンになったと伺っていますが、松村さんがここまで深く阪神を愛する源はなんですか?
松村:僕が生まれた山口県田布施町という所が、うちの親父いわく町の由来が「『田淵と掛布を施す町』として生まれた町だ」と子供の頃教えられ、そうかなって(笑)。当たり前ですが、田布施町の方が歴史は古いんですけどね。野球ファンのオジサンに昔からタイガースが好きな人が多かったのもありますね。当時、昭和50年以降は広島カープ・赤ヘル軍団の時代で阪神が強くない時期もあり、判官贔屓じゃないですけど、弱いところが強くなるのが好きなんです。



■ジャイアンツには負けたくない!!
松村:1985年の優勝は嬉しかったですね。小学生の頃から(阪神に)優勝して欲しいなと願っていたので。そこから「暫く優勝はないのでは?」と言われていたのに2003年と2005年に優勝した時は、これまた嬉しかったですね。優勝っていうのは本当に難しいものですからね。しばらくジャイアンツが強い時期があり、それは悔しかったですね。FAなどでいい選手がみんなジャイアンツに集まった時代があったので「何くそ!!」って気持ちを強くしました。



■外見から入ったビートたけしの物まねが大うけ
――松村さんの物まね歴は長いと思いますが
松村:物まねは中学からやってます。当時(ビート)たけしさんが映画『戦場のメリークリスマス』に出ていました。中学2年の頃、たけしさんと僕の体型が同じだったんですよ。さらにたけしさんも映画で坊主にされ、僕も中学生だから坊主なんですよね。「メリークリスマス」って言うだけで「たけしさんに似てる」って周囲に言われて。じゃあ、結構いけるかなって思って。

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング