ハロウィンは要注意! 接着剤メーカー「火傷の恐れがある」と使用自粛呼びかけ

J-CASTトレンド / 2017年10月31日 17時7分

ハロウィンではお気を付けを(写真は、2015年ハロウィンの東京・渋谷)

接着剤メーカーの「セメダイン」(東京都品川区)の公式ツイッターが、ハロウィンで仮装する人たちに向けた言葉が、ネット上で反響を呼んでいる。やけどのおそれがあるとして、くれぐれも衣装を着て瞬間接着剤を使用しないよう呼びかけたのだ。

体験談も続々と

ハロウィンまで残り1日となった2017年10月30日、セメダインの公式ツイッターは

「......きこえますか...きこえますか...ハロウィンの仮装を計画しているみなさん...瞬間接着剤は...布や紙など染みやすい素材に染み込むと...火傷するほどの高温を発します...火傷の恐れがあるので...衣装を着用したまま...瞬間接着剤を使用することは...なるべくお控えください...」

と投稿。「瞬間接着剤は空気中の湿気に反応して硬化します」とし、

「布や紙などしみやすい素材に使用すると、毛細現象により素早く瞬間接着剤が素材に浸透します。その結果、 空気に触れる表面積が増え、急激に化学反応が起こった結果、高温の反応熱が生じるのです」

と理由を説明した。

さらに、タイツやストッキングをはいたまま使用すると、「誤って肌とくっついてしまうこともある」という。

冒頭のツイートは31日現在までに、「リツイート」1万5000、「いいね」8600の反響を呼んでいる。

ツイッター上では、「初めて知りました!気をつけます...」「瞬間接着剤こええ」との反応があるほか、

「Gパンにこぼしちゃってえらく熱かったです......捨てる予定のやつでまだましでした」
「ついこないだ学校の実習服(作業服)に垂れてえらい事になりました...ズボンカリカリ!指ピッタ!足はチリチリ!」

との体験談も寄せられた。

公式ツイッターもこれに、

「お怪我はありませんでしたか>< 衣服に瞬間接着剤をこぼして火傷しかける方も沢山いらっしゃいます。ご使用の際はお気をつけくださいませ...!」

と返信していた。

J-CASTトレンド

トピックスRSS

ランキング