妻のDVは夫のせい? NHK「あさイチ」特集に「誰が被害者なんだ」

J-CASTトレンド / 2018年5月22日 19時0分

夫の5人に1人が妻からDVを受けている (画像はイメージ)

妻の夫に対する「ドメスティックバイオレンス」(DV)はなぜ起こるのか。その原因とは...。

2018年5月21日放送の情報番組「あさイチ」(NHK)で、「妻のDV」を特集した。妻が夫に暴力をふるう原因を探っていく中で、夫にも原因があるとの見解に、ネット上で疑問の声が上がっている。

「スネを蹴る」「リモコンで叩く」

内閣府が18年3月に発表した「男女間における暴力に関する調査報告書」によると、男性の約5人に1人(19.9%)は、配偶者から被害を受けたことがあるという結果になった。番組はいくつかの夫婦を取材した。

夫に暴言を吐いてしまうという30代女性は、仕事の影響で休みに出かける約束が果たせなくなった時の態度が「申し訳ない」という感じではなく、「仕事だから断れない」「どうすればいいの?」といった感じが頭にくると話す。やめたいとは思っていても、数か月に一度、「スネを蹴る」「リモコンで叩く」などの暴力的行為に及ぶこともあるという。こうした妻の怒りにすぐに夫は折れて謝るが、妻は「俺が謝ればいいんでしょ?」という感じで謝ってくる夫の態度がまた気にくわないと話す。

社会病理学を専門とする立命館大学教授の中村正さんは、こうした男性の思考を「折れイズム」を呼んでいるという。男性はとりあえず謝っておこうという意識が働き、結果的にそれが女性と積極的に話し合いをしようとしない、気持ちに寄り添っていないということになるのだと説明した。

中村さんはまたこうした夫婦は、事実や情報を客観的に正確に伝える話し方「レポートトーク」と、聞き手との信頼関係を構築する話し方「ラポートトーク」のバランスがよくないと話す。妻への気持ちに寄り添ったラポートトークが足りていないのではないかとの見解だ。

妻が暴力をふるっている事実があるのに...

DV加害者更生に取り組むNPO法人の理事長・栗原加代美さんは、こうした加害者の妻の共通心理として「承認欲求」があると説明する。なんで自分をもっと見てくれないのか、愛してくれないのかと女性は感じているのだという。スタジオゲストの西川史子さんや潮田玲子さんも、こうした女性の心情には一定の理解、共感を示していた。

番組は途中、20代男性から届いたFAXを紹介した。それは、「妻が暴力をふるっているという事実があるのにもからわらず、男性側に主に原因があるというような雰囲気に疑問を感じます」といった内容だった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
J-CASTトレンド

トピックスRSS

ランキング