怪談家ぁみの後ろに写るはずのない顔 心霊写真騒動に本人も「悲鳴」

J-CASTトレンド / 2018年8月17日 19時58分

ぁみさんのツイッターより

怪談家としても活動しているお笑いコンビ「ありがとう」のぁみさんがツイッターに投稿した写真をめぐり、ちょっとした心霊写真騒動が起きている。

ぁみさんは2018年8月12日、仕事先である京都のホテルに宿泊し、差し入れのプリンとともに部屋で自撮り写真を撮影。ツイッターに投稿した。この写真の一部分に複数のファンらが「違和感」を持った。

「顔がしっかりわかりますやん...」

ぁみさんは、日本最大級の怪談ライブ「ありがとうぁみの渋谷怪談夜会」主宰で、「ポスト稲川淳二」として稲川さん本人も認めている唯一の人物だ。

件の写真は、京都市で行われた怪談イベントの前に撮影された。一見するとなんてことない写真だが、背後に写る窓をよく見ると、ぼんやりとだが青白い顔のような物体がこちらを覗いている。ファンらからも、

「顔がしっかりわかりますやん......これはホントに怖すぎる...」
「ここまではっきり顔が写ってる心霊写真は正直初めてです」

といった指摘が相次ぐ事態となった。

こうした指摘にぁみさんは16日、「気づかずTwitterにあげて『心霊写真ですよ』と指摘を受けまして(中略)明度を調整してわかりやすくしたものを添えて改めて載せておきます」と反応。先の写真の明るさを調整し、再度投稿した。こちらは未調整の写真よりも「顔」がはっきり確認でき、目と口にあたる部分には陰影がある。

部屋は3階、窓の外側にはベランダはない

「調整しながら悲鳴上げちゃいました」というぁみさん。「えっ霊ですかこれ」との声には、「わかんないですが、うつりました」と返答している。

なお、部屋は3階にあり、窓の外側にはベランダはないという。そのため、「生身」の人間が写りこんだ可能性はなさそうだ。

J-CASTトレンド

トピックスRSS

ランキング