花見の場所取りに引っ越し手伝い 軽作業に特化した「お仕事マッチングアプリ」

J-CASTトレンド / 2019年2月25日 13時0分

「シェアジョブ」のホームページより

総合人材サービスを手掛ける「エントリー」(本社=東京都新宿区)は、新アプリ「シェアジョブ」を開発、2019年3月1日からサービス提供を開始する。

働き手に魅力「24時間365日即日全額受取」制度

家具の組み立て、お花見の場所取り、配達、引っ越し手伝い...。「シェアジョブ」は、こうした軽作業に特化して依頼者と働き手を結びつけるアプリだ。依頼者は「気軽に依頼することが可能」、働き手は「短期アルバイト感覚」「副業の1つ」として、すき間の時間で仕事を選択できる。

料金の設定は2000円~5万円と幅広い。

中でも、魅力的なのが「特別なスキルを必要としない業務に特化」というところだ。時間を有効に使いたいビジネスマン、時間に余裕のあるシニア世代...といった、さまざまな世代に「新しい働き方」を提案する。

「シェアジョブ」では、「依頼用」と「ワーカー(働き手)用」の2つのアプリを用意。それぞれのアプリを通じてマッチングを行う。利用後は、依頼者、働き手双方で「5段階評価」を付けるため、双方、評価を基準に「マッチング相手を選ぶことも可能」だ。

同サービスで、働き手にとって魅力的なのが「24時間365日即日全額受取」制度を採用したところ。全国約2万4000台ある「セブン銀行」のATMで、報酬を受け取ることが可能。効率的に収入を得たい人のニーズに沿ったサービスといえそうだ。

サービスの流れとしては、

・特設ウェブサイト(URL=https://sharejob.jp/)で会員登録をする
・オンラインによるビデオ面談で「写真付き身分証」を提示、本人確認を行う
・その後、アプリをインストールし、ログインが可能に
※試験期間中(2019年5月末までを予定)は、オンラインビデオは9時~19時で実施。6月以降は24時間対応を予定

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング