もうひと踏ん張りしたい時に 砂糖不使用の自販機専用缶コーヒー

J-CASTトレンド / 2019年3月6日 16時8分

砂糖不使用でもコクと満足感

ダイドードリンコ(大阪市)は、自動販売機専用缶コーヒーとして「ダイドーブレンド FUNBAR(フンバル)」を、2019年3月11日に発売する。

働く人の"もうひと踏ん張り"を応援するという自動販売機専用缶コーヒー。砂糖不使用ながら、従来の微糖タイプと同様のコクと満足感のある味わいを楽しめる。ミルク分は微糖タイプの1.2倍。1本あたり30Kcal。「糖分やカロリーが気になるけれど、もう1本缶コーヒーを飲みたい」という人におすすめだ。パッケージにはキャラクター「ふんばるくん」を配置。頑張る人を応援するデザインに仕上げた。

希望小売価格は115円(税抜)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング