手のひらサイズながら高画質撮影 4K動画も撮れるタフネスデジカメ

J-CASTトレンド / 2019年3月18日 12時33分

堅牢性さらにアップ、シーンを選ばず高画質撮影

富士フイルムは、デジタルカメラ「FinePix(ファインピックス) XP140」を2019年3月20日に発売する。

「瞳AF」や「スマイルシャッター」機能を搭載

手のひらサイズのコンパクトボディーに独自の画像処理エンジン、1635万画素・裏面照射型CMOSセンサー、フジノン光学式5倍ズームレンズを搭載。滑りにくいグリップや電池蓋のダブルロック機構などを採用したほか、「25メートル防水」「1.8メートル耐衝撃構造」「マイナス10度耐寒」「防塵」などの堅牢性能を備え、様々なシーンでの高画質な写真撮影が可能だ。また同シリーズ初だという4K動画撮影にも対応する。

被写体を自動で追従する「主要被写体認識」や、人間の瞳に自動でピントを合わせる「瞳AF(オートフォーカス)」などの各種オート機能、笑顔の瞬間を逃さない「スマイルシャッター」、顔が正面を向いた瞬間を狙える「フェイスオートシャッター」などのシャッター機能も装備。ISO12800の高感度撮影に対応し、暗所でもシャープな写真が撮影できる。

画像中心部の明るさや彩度を強調した「リッチ&ファイン」、通常のモノクロ写真とは異なる明るさやコントラストで幻想的な写真が撮れる「モノクロ(近赤外風)」など17種類の「アドバンストフィルター」が使用可能。フィルター効果は液晶モニターで確認・選択できる。

3.0型TFTカラー液晶モニターを搭載。スマートフォンやタブレットに画像を自動で転送可能なIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1をサポート。リチウムイオンバッテリー、ACアダプター、ストラップなどが付属する。

カラーはイエロー、スカイブルー、ダークシルバーの3色。

価格はオープン。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング