タッチ対応7型ディスプレー LINEのAIアシスタント

J-CASTトレンド / 2019年3月18日 16時30分

AIアシスタント「Clova」がタッチディスプレーという「顔」を持った

LINEは、AI(人工知能)アシスタント搭載のスマートスピーカー「Clova」シリーズから、スマートディスプレー「Clova Desk(クローバ・デスク)」を2019年3月19日に発売する。

アプリ「LINE」と連携、手持ちの家電を音声操作できる

タッチ対応の7型WSVGA(1024×600ドット)ディスプレーを搭載。従来の音声による情報提供に加え、朝出かける前のタイミングなどに天気や電車の運行情報、当日のスケジュールなどをディスプレーで確認できる。

「赤外線リモコン」機能を搭載し、テレビや照明、エアコンなど手持ちの家電が音声のみで操作可能になるほか、IoT(モノのインターネット)家電やメーカーとの連携が順次進行し、音声操作に対応する家電は今後も拡大予定だという。

同社が提供するコミュニケーションアプリ「LINE」と連携し、メッセージの送受信に加え、画面にスタンプが表示される。また「LINE無料通話」では搭載するカメラによるビデオ通話が可能だ。

メモリーは2GB、内蔵ストレージは16GB eMMC。IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2をサポート。500万画素カメラを装備。3000mAhバッテリーを内蔵する。

カラーはホワイト、ブラックの2色。

価格は2万7540円(税込)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング