東京五輪モデルの「Galaxy S10+」 1万台限定

J-CASTトレンド / 2019年5月24日 13時30分

いよいよ開催が迫る「東京2020オリンピック」限定デザイン

NTTドコモは、サムスン製のスマートフォン「Galaxy S10+」の「東京2020オリンピック」開催記念の1万台限定モデル「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」を、2019年7月下旬に発売するのに先だち、5月16日から「ドコモオンラインショップ」限定で予約受付を始めた。

完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」同梱

プリズムホワイトカラーの背面に「東京2020オリンピック」のエンブレムを印字したほか、五輪の世界観を表現した壁紙をプレインストール予定だという。また同エンブレムをあしらった特別デザインの完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」を同梱する。

ベースモデル「Galaxy S10+」は、カメラホールを画面に埋め込み、前面全てをディスプレー化した約6.4型有機EL「Infinity O Display」を搭載。1200万画素望遠/1200万画素広角/1600万画素超広角の3つのアウトカメラと2つのインカメラを装備し、30種の「シーン判別」機能により、簡単に最適な仕上がりで撮影できる。

スマートフォンでは初だという超音波指紋認証センサーを前面ディスプレー内に装備。指紋を3次元で認識することで強固なセキュリティーを実現。ワイヤレスでの電力供給に対応し、「Galaxy Buds」への充電が可能だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング