ホルダー部分が360度回転 縦・横・斜めで撮れる「自撮り棒」

J-CASTトレンド / 2019年7月17日 13時30分

撮影シチュエーションやニーズに合わせて選べる5モデル

生活家電およびパソコンなどの周辺機器を扱うエレコム(大阪市)は、スマートフォン(スマホ)を装着して"自分撮り"が楽しめる「自撮り棒」5モデルを2019年7月中旬に発売。

スタンダードモデルやロングモデル、三脚付きモデル

いずれもスマホを固定するホルダーが45度刻みの360度回転式で、縦・横・斜め撮りが可能。スマホの設置部分には本体を傷つけにくく、しっかりホールドできるシリコン素材を採用。幅85ミリまでの大型スマホにも対応する。ストラップリングを外せば、ネジ径やピッチの合った手持ちの三脚に装着可能だ。

iOS/Androidスマホに両対応するBluetoothワイヤレスリモコン付きで、離れた場所からスマホカメラのシャッターが切れる。リモコンはスティック部分に装着できるほか、スティックから取り外すことも可能だ。

滑りにくく、しっかり握れるというシボ入りのシリコングリップを備えたスタンダードモデル「P-SSBR」、ピンク系など5つのカラーバリエーションを用意した「P-SSBMR」の2モデルは、いずれも最大約45センチまで伸長し、最大8人(目安)で一緒に写真撮影が可能だという。不使用時はコンパクトになり持ち運びがしやすい。

「P-SSB01R」は、最大約100センチまで伸長するロングタイプで、最大15人(目安)との撮影が可能だ。不使用時は21センチまで短くできる。三脚が付属する「P-SSBTR」は、最大約13~約45センチまで伸縮。両モデルともストラップが付属する。

そのほか、約13~62センチまで伸縮する有線タイプのシンプルモデル「P-SSYGR」も用意する。

いずれも価格はオープン。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング