「Nintendo Switch」バッテリー持続時間が長くなって新登場

J-CASTトレンド / 2019年8月17日 18時0分

バッテリー長持ち、よりたっぷりとゲームプレイが可能に

任天堂は、ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドー・スイッチ)」ニューモデルを2019年8月下旬ごろから順次発売する。

新モデルでは約4.5~9.0時間

「TV」「テーブル」「携帯」3つのプレイモードで遊べる同機が、価格は据え置きながらバッテリー持続時間が長くなって新登場。旧モデルでは約2.5~6.5時間だったが、新モデルでは約4.5~9.0時間となり、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」では約3時間から約5.5時間プレイできるようになるという。

画面解像度1280×720ドットの6.2型ディスプレーを搭載。コントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」1セット、HDMIケーブル接続によりテレビでゲームがプレイできる「Nintendo Switchドック」が付属する。

カラーはネオンブルー/ネオンレッド、グレーの2色。

価格は2万9980円(税別)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング