個性や能力は人それぞれ違っていい 三菱地所「ラグビー」テーマのテレビCM

J-CASTトレンド / 2019年9月20日 18時0分

三菱地所が「ラグビー」テーマのテレビCMを放映

三菱地所(本社:東京)は、ラグビーをテーマにした60秒のテレビCM「僕にしかできないこと」を、ラグビーワールドカップ日本大会開幕日の2019年9月20日から放映開始する。

スピードとパワー「同じじゃないから、強いんだ」

CMは「体格は大きいが足が遅い」大介と、「足は速いが背が低い」小次郎の2人が主人公のストーリーだ。

2人が小さい頃、大介は運動会の徒競走で速く走る小次郎を、小次郎は綱引きで力強く活躍する大介を、それぞれうらやましく感じた。「速く軽やかになりたい」と願う大介は図書室で敏捷性トレーニングの本を借り、「大きく強くなりたい」小次郎は牛乳を飲み、それぞれ努力を重ねる。

2人は同じ高校に進学し、ラグビー部に入部する。練習中、大介はボールを持って走る相手を止められず、小次郎はタックルを受けて吹き飛ばされる。

克服できなかったコンプレックス。しかし、様々な個性や能力、体格の選手が一体となって勝利を目指すラグビーのプレーのなかで、大介はパワー、小次郎はスピードという長所に気づく。「同じじゃないから、強いんだ」と、自分が持つ力でチームに貢献することの大切さを学んでいく。

CMは、日本テレビ系列で放送される全19試合の番組内限定で放映する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング