瀬戸内の五重塔を巡ってデジタルスタンプ集めよう スマホで登録

J-CASTトレンド / 2019年9月30日 18時20分

瀬戸内の五重塔を巡るスマートスタンプラリー開催

JAF(日本自動車連盟)香川支部は、瀬戸内五重塔スマートスタンプラリーを2019年10月1日~12月15日まで開催する。

香川県善通寺市、総本山善通寺、NEXCO西日本グループ、本四高速とJAF香川支部が連携して開催するもの。

五重塔10か所と高速道路SA・PA13か所

四国・中国・近畿地方にある五重塔10か所と高速道路SA・PA13か所の各スポットを巡りながら、JAFのスマートフォン向けサイト「ドライブスタンプラリー」を利用して、デジタルスタンプを獲得する。スタンプを集めて応募すると、ご当地特産品が抽選で当たるという。応募締切は19年12月27日23時59分受付分まで。

開催場所は、香川県が善通寺、志度寺、法然寺、本山寺、与島PA、豊浜SA、愛媛県が来島海峡SA、石鎚山SA、高知県が竹林寺、南国SA、岡山県が備中国分寺、吉備SA、広島県が嚴島神社、明王院、宮島SA、小谷SA、福山SA、山口県が瑠璃光寺、鹿野SA、兵庫県が中山寺、宝塚北SA、三木SA、淡路SA。

スマートフォンで「JAFドライブスタンプラリー」にアクセスし、ユーザー登録をしてログイン。「けっこいね!五重塔スマートスタンプラリー」を選択すれば参加できる。スタンプスポットでは、スマホの位置情報(GPS)をもとにスタンプが押される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング