腰痛の約8割は「脳の勘違い」 長引く痛みに効く呼吸×ストレッチ

J-CASTトレンド / 2019年10月25日 14時27分

マイレッチで慢性痛スッキリ

翔泳社(東京都新宿区)は、「マンガでわかる 究極の痛み消し ゆっくり呼吸&ダラッとストレッチ」を、2019年10月17 日に発売した。

湿布やコルセットは的外れ

発表資料によると、日本では一般的ではないが、腰や肩などの長引く痛みの多くは、心理社会的リスクファクターである「イエローフラッグサイン」に原因があるとされている。特に腰痛の約8割は「脳の勘違い」によるもので、湿布や電気治療、コルセット、痛み止めといった治療法では治らないという。

本当はすぐに解消されていたはずの痛みでも、ストレスによって脳の痛みを抑えるシステムの働きが弱まることで、二次的に痛みが持続してしまう。また、痛みの再発を恐れ、過度に体を大事にする考えや行動を取ることで、さらに痛みが慢性化するのだ。

同書では、深い呼吸で脳をリセットしつつ簡単なストレッチを行う「マイレッチ(マインドフルネス・ストレッチ)」を、マンガなどで解説。ストレッチをすることで体の細部まで自己認識できるようになり、痛みのコントロールが可能になるという。その他、痛みを解消する生活習慣も掲載。

価格は1200円(税別)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング