■エリザベス女王杯「カス丸の競馬GI大予想」      大混戦を制するのはこの馬だ!

J-CASTトレンド / 2019年11月9日 7時0分

カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。今年の秋は調子がいいじぇい。この間の天皇賞は爺が◎△▲で三連単、カス丸は〇◎で馬連を当てたきゃすう。今週は牝馬のチャンプを決めるエリザベス女王杯(2019年11月10日、京都競馬場、芝2200メートル)だよ。で、今年は荒れ模様なの?

カスヨ 女王を決めるといっても、現役最強といわれてるアーモンドアイが出ないし、去年勝ったリスグラシューも海外遠征中、海外GIを勝ったディアドラも日本にいないわ。だから今回は超一流馬ぬきの女王決定戦ね。ちょっと寂しいけど、見方を変えれば荒れる可能性十分。まあ、穴狙いのわたしの出番というところかしら。

スピードとスタミナがあるのは...

カス丸 カスヨ姉さんの本命◎はスカーレットカラーだよ。そんなに大穴でもないきゃすう。

カスヨ いちいちチャチャをいれなくてもいいのよ、カス丸。スカーレットカラーはね、このレースの前哨戦、府中牝馬ステークス(GII、東京、1800メートル)で優勝したのよ。ほぼ一番後ろからゴボウ抜きで見事な勝利だったわね。エリザベス女王杯は差し馬の優勝が多いのよ。だからこの馬の末脚は期待できるわね。ただ、京都は東京に比べて直線が短いから、最終コーナーでは少し前にいる必要があるけどね。

ガジュマル爺 カスヨの穴馬といっても、人気馬の一角じゃから、本当の穴馬とはいえないんじゃ。わしの本命はクロコスミアじゃ。昨年も一昨年も出ておるが、いずれも9番人気じゃ。ところが、2回とも2着に来ておる。これぞ本当の穴馬じゃな。今回も人気はないじゃろうが、このコースはこの馬にぴったしなんじゃ。レースがある京都競馬場はスタートで300メートルほど直線コースを走るから隊列が決まりやすく、あまりペースは上がらんのじゃ。向こう正面で坂を上って行くんじゃが、第3コーナーを回ったあたりで急な下り坂になり、あとはゴールまで平らなんじゃ。この下り坂からゴールまでが4ハロン(800メートル)。桜花賞やオークスといったクラシックレースは、残り3ハロン足らずのスピード勝負が多いんじゃが、ここは4ハロン勝負なんじゃ。となると、スピードだけではダメでスタミナも必要になるということじゃな。この両方を持っている馬がクロコスミアなんじゃ。

カス丸 爺の対抗〇はサトノガーネットだじぇい。こっちも大穴だよ。

ガジュマル爺 今回は、穴狙いというものをカスヨに教えとるんじゃ。サトノガーネットはここ2戦さえないんじゃが、その前は函館と阪神で厳しい競馬をして2連勝じゃ。京都が得意なディープインパクトの仔で、母系はノーザンダンサー系じゃから、スタミナとスピードを兼ね備えておる。超一級が参戦しておらん今回は、こういう伏兵が要注意なんじゃ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング