牛乳イラスト描き食料問題考える 第7回「牛乳ヒーロー&ヒロインコンクール」表彰式

J-CASTトレンド / 2019年12月10日 19時0分

第7回牛乳ヒーロー&ヒロインコンクール表彰式

生乳生産者などでつくる業界団体「Jミルク」は2019年12月7日、「第7回牛乳ヒーロー&ヒロインコンクール」表彰式を東京・千代田区の学士会館で行った。

全国の小学生に、牛乳をヒーローやヒロインとして表現したイラストを描いて応募してもらうコンクール。絵を描く過程で世界の食料問題へ関心を持ってもらい、「食べ物を大切に思う気持ち」を育むことを目的としている。

最優秀作描いた小学生は以前「牛乳が飲めなかった」

7回目の開催となる今年は応募期間の6月~9月にかけて、2万8736点の作品が集まった。審査で選ばれた個人賞の上位9作品と、応募作品数が多かった小学校5校が団体賞として表彰された。

最優秀賞にあたる農林水産大臣賞は、低学年部門に渡邊結太さん(高知市立はりまや橋小学校)作の「ミルコックくん」が、高学年部門に金澤怜也さん(石川町立石川小学校)作の「レス牛(ぎゅう)」が選ばれた。

「ミルコックくん」は、コックに扮した牛が、ケーキやパン、シチューといった料理を作る姿を描いている。作者の渡邊さんは以前「牛乳が飲めなかった」というが、自身が好きなシチューに牛乳が使われていることに気づき、「牛乳を使ってみんなが大好きなものを作ってくれるヒーロー」を描いたという。

「レス牛」は、牛乳パックを背負ったレスキュー隊姿の牛のヒーローだ。名前は「レスキュー」と「牛(ぎゅう)」をかけたもので、作者の金澤さんによれば「体調が悪い人がいると急いで駆けつけ、牛乳を飲ませて健康にしてくれる」のだという。

その他の受賞者は以下の通り。

◇独立行政法人農畜産業振興機構理事長賞
杉本葵さん(相馬市立八幡小学校)、作品名「ミルボーン」
◇公益社団法人全国学校栄養士協議会会長賞
島田鈴さん(川越市立古谷小学校)、作品名「にゅうたん」
◇酪農家特別賞
宮下了さん(会津美里町立高田小学校)、作品名「ミルぞうこ」
◇牛乳工場特別賞
山根愛怜さん(朝日塾小学校)、作品名「牛乳配達のミールちゃん」
◇牛乳販売店特別賞
青柴生さん(草津市立笠縫小学校)、作品名「ニュウカルくん」
◇まちの牛乳特別賞
花田琴実さん(伊豆市立修善寺小学校)、作品名「ドクターこつみる」
◇Jミルク会長賞
湯浅直也さん(伯耆町立岸本小学校)、作品名「アサモー・ヒルモ―・バンモー」
◇FAO駐日連絡事務所 団体特別賞
八王子市立みなみ野君田小学校
◇団体賞
愛知教育大学附属岡崎小学校・春日井市立高座小学校・千葉市立幸町第三小学校・松江市立乃木小学校

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング