中国「小米」日本上陸 1億800万画素を含む5眼カメラ備えたスマホ

J-CASTトレンド / 2019年12月12日 20時20分

究極のカメラ性能を引っさげ日本市場に参入

モバイル機器などを手がける中国「小米(シャオミ)」の日本法人シャオミ・ジャパンは、スマートフォン「Mi Note 10」など2モデルを2019年12月16日から順次発売する。

メモリー&ストレージ容量の大きい「Mi Note 10 Pro」も登場

3D曲面の6.47型フルHD+(2340×1080ドット)有機ELディスプレーを搭載。世界初1億800万画素に加え1200万画素ポートレート、500万画素望遠、2000万画素超広角、200万画素マクロの5眼カメラを背面に備える。前面カメラは3200万画素。

プロセッサーは「Qualcomm Snapdragon 730G」、メモリーは6GB、内蔵ストレージは128GB。OSはAndroidベースで、独自UI(ユーザーインターフェイス)「MIUI 11」を採用する。

バッテリー容量は5260mAh。デュアルnanoSIMスロットを装備。IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 5.0をサポート。画面内指紋センサーを装備する。

カラーはオーロラグリーン、グレイシャーホワイト、ミッドナイトブラックの3色。

価格は5万8080円(税込)。

また、ペンタプリズム式カメラの採用や8GBメモリー、ストレージ容量256GBの上位モデル「Mi Note 10 Pro」は12月23日発売。

価格は7万1280円(同)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング