■安田記念「カス丸の競馬GI大予想」 アーモンドアイのリベンジなるか?

J-CASTトレンド / 2020年6月6日 7時0分

カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。先週は競馬の祭典、日本ダービーだったじぇい。カスヨ姉さんが久しぶりに▲◎△で三連複、ガジュマル爺も◎▲で馬単当てたきゃすう。なんだか祭りが終わった気分だけど、GIはまだ続くじぇい。今週は東京競馬場GI5連戦の最後を飾る安田記念(2020年6月7日、東京競馬場、芝1600メートル)だじぇい。マイルのチャンピオン決定戦きゃすう。なんとGI馬が10頭も出走するじぇい。世界大会みたいなものきゃすう。しかも、この前のGI、ヴィクトリアマイルを圧勝したアーモンドアイも参戦するきゃすう。カスヨさんが本命◎にしてるけど、まだ中2週しか経ってないローテーションで大丈夫?

アーモンドアイの心配は何?

カスヨ だれもが、そこを心配してるわね。ヴィクトリアマイルの時にも言ったけど、デビューから体質が弱い馬なのは間違いないわね。つまりレース後は、休まないと疲れが取れない体質なわけ。とんでもなく速く走れる馬だからというせいか、他の理由があるのかわからないけど、去年の天皇賞(GI、東京、2000メートル)を勝った時も、レース後ふらついたために表彰式を欠席したくらいだからね。今回ダメージが残っているかどうかを見極めないといけないわ。ということで、前走のヴィクトリアマイルなんだけど、ともかく楽勝だったのは間違いないわ。最後の直線はほぼルメールちゃん(クリストフ・ルメール騎手)が手綱を持ったままで2着に4馬身をつける圧勝。まるで公開調教のような走りだったわ。あれで疲れたかどうか、なのね。わたしは秋の天皇賞に比べると、距離も短かったし、ムチが入ったわけでもないからほとんど疲れがないと思うのよね。ゴール前ではルメールちゃんが後ろを2回も振り向く余裕で、流す程度だったからね。しかもタイムが1分30秒6よ。ヴィクトリアマイルも安田記念も同じコース、同じ距離よ。去年、安田記念を勝ったインディチャンプの記録が1分30秒9よ。なんとコンマ3秒も速いのよね。ムチを入れて本気で走らせたら1分30秒を切ってしまうわ。とんでもない記録を出せるってことね。まあ、フツーに回ってくることができればここでも圧勝間違いないわ。去年はスタートで大きな不利があったわけだし、何度も言うけど、ユタカちゃん(武豊騎手)が鞍上の最外枠だったロジクライがスタート直後に大きく左に蛇行して隣の5頭くらいが次々と走れなくなったのよね。ロードクエストなんかは横向きになるし、優勝候補の一角だったダノンプレミアムは大きく腰を2回も落とし、騎手はケガが心配でまともには走らせなかったほどだったわ。当時、ルメールちゃんは「5馬身は損をした」と言っていたから、タイムにすれば1秒近く。となると、このアクシデントがなければ1分30秒を切っていた計算になるのよ。ということで、まあ大丈夫じゃないかしら。去年のようなアクシデントが再び起きれば別だけど、今年はロジクライもユタカちゃんも出てないわ。歴代1位になる初の芝GI8勝達成は間違いないわよ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング