メイドカフェもオンラインの時代 スマホで「帰宅」すると「お出迎え」で癒される

J-CASTトレンド / 2020年6月24日 12時30分

夏頃に提供開始予定の「バーチャルあっとほぉーむカフェ」

バーチャル空間で「メイドのご奉仕」を楽しむ時代が来たようだ。東京・秋葉原や大阪でメイドカフェ「あっとほぉーむカフェ」を運営するインフィニア(東京都千代田区)がオンライン上の仮想空間に「バーチャルあっとほぉーむカフェ」をオープンする。2020年6月23日発表した。有料サービスで、夏頃に提供開始予定だ。

ユーザーはスマートフォン(スマホ)やタブレット、パソコン(PC)などからアクセスし、名前や見た目、誕生日や趣味などを自由に決めてアバター(分身)に変身。実店舗まで行かなくても手軽に「ご主人様・お嬢様」となって、バーチャルキャラとなったメイドたちと会話やゲームをして過ごせる。

お目にかかりたい「スーパープレミアムメイド」

まず、ブラウザ上からクレジットカードや電子マネー「WebMoney」を使ってサービス内通貨「あっとコイン」を購入。これでメイドにアクセサリやコスプレをプレゼントしたり、一緒に記念フォトを撮影したりできる。

ユーザーはバーチャル空間内にある「お屋敷」にご主人様・お嬢様として"ご帰宅"(アクセス)した後、そのときに給仕しているメイドの中から、一緒に時間を過ごしたいキャラを選択する。"ご帰宅"する回数を重ねると、次第にご主人様としての「格」がランクアップ。利用できる特典や新しい機能が増え、顔と名前がメイドたちに浸透し、より敬愛される存在になっていく。

メイドもキャリアによってランクが分かれており、着用しているメイド服が異なる。例えば、なりたての「新人メイド」、一人前の給仕ができる「正メイド」、自分専用のカラーリボンを身に着けた、優れた「プレミアムメイド」、その中でも一流で正真正銘の「スーパープレミアムメイド」がいる。

自宅で過ごして新型コロナウイルス感染リスクを避けつつ、「バーチャル萌え」を楽しむのもよさそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング