ソニー「着るクーラー」で夏も涼しく スマホで操作、体の表面温度ぐっと下がる

J-CASTトレンド / 2020年7月4日 12時0分

専用インナーウエアに装着して使う「REON POCKET」

スマートフォンで簡単に操作できる、「着るクーラー」をソニーが開発した。

専用インナーウエアに装着することで、体表面を冷やしたり温めたりできるウエアラブルデバイス「REON POCKET」。2020年7月1日に発売された。

シーンに応じて選べる3つの機能

吸水速乾性を持つポリエステル生地を採用した専用インナーウエアの首元ポケットに、デバイス本体を装着。ブルートゥース接続で連携した専用のスマホアプリ経由で操作し、冷温それぞれ4段階から本体の温度を設定できる。本商品のために専用設計されたペルチェ素子(パソコンのCPUの冷却装置などに使われる電子部品)に通電することで、急速な冷却・温熱が可能だ。

ソニーの発表資料によると、夏の30度の環境下を想定して「REON POCKET」の有無で比較した実験では、「有り」の方が本体接触部分の体表面温度が約13度下がったという。

また、本体内部や冷温部の温度・行動を感知して温度を自動的に調整する「オートモード」、本体動作のオフタイマーや繰り返しなどを設定できる「マイモード」、本体のボタンを押すだけで起動する「クイック起動」と、シーンに応じて選べる3つの機能も搭載されている。

利用者からは好評「周りの人と体感温度が違いそう」

ツイッター上では、早速本商品を購入・装着してみたユーザーらが、

「キンッキンに冷える訳では無いのですが、自然に暑くない。周りの人と体感温度が違いそう」 「特記すべきは電源オン時のスタートダッシュ。20秒前後でそれぞれの温度までいく」

などとコメント。おおむね好評だ。

その一方、まだ手に入れていないユーザーからは「そこそこ高くて、インナーシャツも複数枚必要だしなぁ...」「どこまで効果があるのだろうか」など、購入を迷っているという声も。ある程度レビューや情報が出揃うまで、「待ち」の姿勢をとる人も多いようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング