挽きたての香り高いコーヒーを手軽に 象印のコーヒーメーカー

J-CASTトレンド / 2020年8月31日 11時30分

香りや風味の高い挽きたてコーヒーが自宅でも手軽に

象印マホービンは、コーヒーメーカー「珈琲通(こーひーつう) EC-SA40」を2020年9月1日に発売する。

本体がさらにコンパクトに

挽きたてをすぐに抽出し、香りと風味を損なわずコーヒー本来のおいしさが手軽に楽しめるという全自動タイプ。ステンレスサーバー採用の従来モデルから挽きたてコーヒーのおいしさや手入れのしやすさはそのまま、ガラスジャグの採用により本体のコンパクト化を実現した。

湯の通り道を予熱しておき、ヒーターで2回加熱された高温の湯で抽出する「マイコン予熱&ダブル加熱 高温抽出」を備え、コーヒーのコクと香りを引き出す。ドリッパー(フィルターケース)に湯を閉じ込め約20秒間じっくり蒸らす「マイコンじっくり蒸らし抽出」で、湯が隅々まで行き渡ることで"蒸らし効果"を高める。

洗って繰り返し使えるステンレス製のメッシュフィルターが付属。豆の挽き目を2段階に調節できる「挽き分けフィルター」、濃さが選べる「2段階濃度調節」の組み合わせで、同じ豆でも4種類の異なる味わいが楽しめる。

マイコン制御により保温時の温度上昇を抑えて煮詰まりを軽減する「煮詰まり軽減保温」は2時間で自動的にオフになる。すぐに飲みきる時やアイスコーヒー向けに「保温なし」も選択可能だ。

ミルケース内部のコーヒー豆を抽出時の湯で洗い流す「ミルクリーン構造」を採用したほか、ミルケースは取り外して丸洗いできるなど日常の手入れがしやすい。また湯の通るパイプに付着したカルシウムなどのミネラル分を洗浄する「クエン酸洗浄コース」を搭載する。

計量スプーン、ペーパーフィルター×2枚、ミルケースブラシ、浄水カートリッジが付属する。カラーはブラック。

価格はオープン。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング