阪急電鉄「すみっコぐらし」とコラボ 新キャラ「くり駅長」登場

J-CASTトレンド / 2020年8月30日 17時0分

阪急電鉄が人気キャラ「すみっコぐらし」とコラボ

阪急電鉄(大阪市)は、人気キャラクター「すみっコぐらし」とのコラボレーション企画を、2020年9月1日~21年3月31日まで実施する。

「すみっコぐらし号」を運行

阪急電車の「マルーンカラー」からインスピレーションを受けて誕生したという新キャラクター「くり駅長」が、「すみっコぐらし」たちと一緒に魅力ある阪急沿線を案内する。

車体に神戸線・宝塚線・京都線の魅力を紹介する装飾をあしらい、くり駅長と「すみっコ」たちが阪急沿線に出かける様子を描いたヘッドマークを掲出した「すみっコぐらし号」を運行する。また、阪急全線1日乗車券(大人1300円、小児650円)の発売や、阪急沿線を巡りながらすみっコぐらしの魅力を楽しむスタンプラリーを実施。スタンプラリーの日程は、第1弾が20年9月17日~11月11日10時~20時、第2弾は20年11月12日~21年1月29日10時~17時。さらに、20年9月17日~21年3月31日まで、たくさんのすみっコたちが嵐山駅を装飾する。

20年10月7日には、阪急電車をイメージさせるマルーンカラーの制服を着たすみっコたちのコラボレーショングッズを発売。阪急阪神ホテルズの直営ホテルと阪急沿線の駅ナカ・駅チカショップの一部では、同日からオリジナルフードの発売も予定している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング