「炊きたて」50周年記念 甘みとハリを引き出すIHジャー炊飯器

J-CASTトレンド / 2020年9月7日 11時30分

茶碗1膳分からおいしく炊ける「一合料亭炊き」など多彩な機能

タイガー魔法瓶は、IHジャー炊飯器「『炊きたて』土鍋ご泡火(ほうび)炊き JPL-A100」を2020年9月10日に発売する。

「四日市萬古焼」の本土鍋による高火力

1970年に初代モデルを発売した「炊きたて」シリーズ50周年記念モデル。親しみや優しさを感じさせるデザインや、液晶による操作画面の使いやすさにもこだわるなど「用の美」を追求したという。

三重県四日市市の伝統工芸品「四日市萬古焼」を使用した"本土鍋"の高い蓄熱性と遠赤効果による高火力と、力強くやさしい泡立ちが特長の「土鍋ご泡火炊き」に「丹精(たんせい)仕上げ」を新採用し、甘みとハリをさらに引き出す炊き方を実現した。

新機能「おひつ保温」は、「ハリつやポンプ」が外気を取り込んで過剰な蒸気を放出し余分な水分をコントロール。木製の"おひつ"で保温するように内鍋の中の湿度を調整することで、炊きたてのおいしさがずっと味わえるという。

専用の土鍋中ぶたを用いることで炊飯空間を小さくし、少量炊飯でも料亭のようなご飯が自宅でも楽しめる「一合料亭炊き」機能は、1合よりさらに少量の茶碗1膳分(0.5合)や炊き込みご飯にも対応した。

最大炊飯容量は1.0リットル(5.5合炊き)。カラーはストーンブラック、コーラルホワイトの2色。

価格はオープン。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング