歯ぐきケアしながら歯周かき出す電動歯ブラシ サンスター「G・U・M」

J-CASTトレンド / 2020年10月4日 10時0分

歯周プラークをしっかりかき出せる

サンスターは、「G・U・M(ガム)」ブランドの高機能歯周病対策「ガム歯周プロケア」から、「ハグキケア電動ハブラシ SP-01」を2020年10月7日に発売する。

手磨きの約8倍のブラッシング回転数

ゴム状のやわらかい毛が弱った歯ぐきにやさしく当たる"歯周ケア毛"と、コシが強く耐久性の高い毛を採用し、歯垢を効果的にかき出しながら歯ぐきのケアも行う。また、力の入れすぎによりブラッシング圧が強いと自動で反転数が低減し、歯ぐきへの負担を軽減する。

手磨きの約8倍のブラッシング回転数で歯と歯ぐきの境目の歯周プラークをしっかりかき出せるのに加え、日本最薄だという反転ヘッドが狭くて磨きにくい奥歯にもしっかり届く。

電源は乾電池式。

価格は2480円(以下全て税別)。

替えブラシ「SP01x」も同日発売。価格は1300円。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング