選手のコーチングや自主トレに活用できる スポーツ専用ビデオカメラ

J-CASTトレンド / 2020年10月14日 13時30分

屋外スポーツにも対応できる堅牢性、チームのレベルアップをサポート

JVCケンウッドは、ビデオカメラ「teamnote CAM(チームノート・カム) GY-TC100」を2020年10月下旬に発売する。スポーツチームのコミュニケーションサービス「teamnote」との連携機能を搭載。幅広いスポーツ育成シーンで選手のコーチングや自主トレーニングなどに活用できるというスポーツ専用モデル。

スポーツ中継のような映像が記録できる

スマートフォン・タブレット用アプリ「JVC CAM Coach 2」と連携し、観客席など離れた場所から撮影した映像をすぐに手元で確認できる「リモートレビュー」や、選手が本機を操作することなく自身の直前のプレーをチェック可能な「遅延再生」などの機能を備える。

コミュニケーションアプリ「teamnote」と、競技別(野球/バスケットボール/サッカー)スコア入力アプリ「teamnote SPORTS」をWi-Fiを介して連携させることで、撮影中の映像にスコアや選手情報を入力可能。テレビ局のスポーツ中継のような映像を撮影・記録できる。

録画中に後で見たいと思ったシーンにタグ(目印)を入力し、再生時にすぐに探せる機能を搭載。

IPX6/8防水、IP5X防塵、1.5メートルの耐衝撃、マイナス10度の耐低温、4つの保護性能を備え、突然の雨や砂埃など、屋外での試合や練習などのシーンでの撮影をサポートする。

約4時間20分の連続撮影が可能なバッテリーを内蔵し、長時間にわたる少年野球の試合などもバッテリー交換の手間なく撮影できる。加えて市販のモバイルバッテリーに対応するほか、内蔵バッテリーからスマートフォンへの給電も行える。

光学40倍ズームを搭載し、市販のワイドコンバージョンレンズ(フィルター径37ミリ)が装着可能。全方向から見やすい「広視野角液晶モニター」を装備。内蔵メモリーは64GB。高画質プログレッシブ記録(1080/60p)対応。

価格はオープン。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング