「サンタクロースっているの?」 世界で最も有名な社説が絵本に

J-CASTトレンド / 2020年10月30日 14時10分

大人にも読んで欲しいクリスマス絵本

金の星社(東京都台東区)は、絵本「サンタクロースっているの? ほんとうのことをおしえてください」を、2020年10月末に発売。

8歳の少女からの質問に答えた世界的名文

123年前にサン新聞に掲載された「世界で最も有名な社説」が絵本化。

1897年、8歳の少女、ローラ・バージニア・オハンロンはサン新聞に手紙を送った。その内容は「サンタクロースはいるのですか」。友人にサンタクロースの存在を否定された彼女は、父親からアドバイスを受けて手紙を書いた。

回答したのはサン新聞の論説委員だったフランシス・P・チャーチ。後に「世界で最も有名な社説」となるその答えは、子どものみならず大人の心にも響く、絶対に忘れてはならない内容だったという。

絵・訳は、「もしもしおかあさん」「てぶくろをかいに」などを手掛けた人気絵本作家いもとようこ氏。いもと氏の翻訳とともに英語原文も掲載している。

価格は1400円(税別)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング