1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

アストラゼネカワクチン40歳以上に接種か 「氷河期世代」また割を食うと激おこ

J-CASTトレンド / 2021年7月29日 20時10分

どのワクチンが使われるのか

英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省が、40歳以上を予防接種法上の「臨時接種」の対象として位置付ける方向で検討している――。

共同通信が2021年7月29日未明、このニュースを流したところ、ヤフーではたちどころに4000以上のコメントが付いた。大半は「氷河期世代をバカにするのか」という反発の声だった。

血栓が心配

日本がすでに入手済みのワクチンは3種。米ファイザー(独ビオンテックと共同開発)、米モデルナ、そしてアストラゼネカ製だ。すでにファイザーとモデルナによる接種は続いているが、アストラゼネカ製は未使用。それを「40歳以上」に対しては接種を認めようとしているというのが共同通信の記事の骨子だ。

3社のワクチンにはかなりの違いがある。NHKのまとめによると、一つは予防効果。ファイザーは95%、モデルナは94%とされるが、アストラゼネカは70%にとどまる。

特に顕著なのが副反応。アストラゼネカについては、「ごくまれに血栓ができるケースが確認され、死亡例も報告。原因は特定されていないもののワクチンとの関連性が指摘される」という。

福井新聞は7月22日、「新型コロナウイルスのワクチン接種 ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ...対象年齢、副反応など違いは?」という記事を掲載している。アストラゼネカ製は、「当初は血栓症などの懸念から使用を見送っていたが、海外で多くの接種実績があり、効果も確認されていることから厚労省は公費接種の対象とする方向で調整に入った」「血栓症は、若い世代で比較的多く報告されているため、60歳以上への接種を認める方針」と説明している。

この記事では「60歳以上」だった対象者が、共同通信の報道では「40歳以上に」になっている。

働き盛りのロスジェネ世代

驚いたのは該当する世代の人たちだ。ヤフーのコメント欄には怒りの声があふれている。

「43歳です。・・・就職活動期は大卒内定率が70%という超氷河期中。年寄りにはファイザーを使い、外に出て働く私達世代には効果が薄く副反応が心配なアストラをあてがうのか? もうこの国に税金払うの嫌だ」
「40代ですが、扱いがホント酷すぎる。働き世代+子育て世代でもあるので重症化しちゃまずい世代なんだけどね。氷河期世代って損だとつくづく感じる」

「氷河期世代」とはどういう世代なのか。21年5月14日のマイナビニュースに解説が出ている(著者は武田麻希さん)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング