1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. モバイル・アプリ

iPhone 13にはガッカリだ 指紋認証とUSB-Cなし「iPad miniはあるのに」

J-CASTトレンド / 2021年9月15日 20時10分

iPhone 13とiPhone 13 miniは5色を用意(画像はアップルのリリースから)

「iPhone 13」が登場する。2021年9月15日に米アップルが発表した。バッテリーの駆動時間が伸び、動画撮影中に焦点を自動で切り替える「シネマティックモード」が加わる。半面、指紋認証で画面ロックを解除できる「Touch ID」機能は復活せず、「USB Type-C」端子(USB-C)は導入されない。いずれもユーザーからの要望が根強くあるにもかかわらずだ。

対照的に、同時発表のタブレットPC「iPad mini」(第6世代)ではTouch IDとUSB-Cが採用された。なぜiPhoneではないのか。スマホ・ケータイジャーナリストの石川温氏に聞いた。

マスク社会でTouch ID欲しかった

「Touch ID」は、2013年発売の「iPhone5S」から17年9月発売の「iPhone 8」まで、iPhoneシリーズの認証システムとして用いられた。17年11月に登場した「iPhoneX」以降は、「iPhone SE」 (第2世代・20年発売)を除いて顔認証システム「Face ID」が採用されている。

また2012年の「iPhone 5」以来、シリーズでは充電・データ転送手段にUSB-Cではなく米アップル開発の「Lightning」が用いられている。

認証を補助する「Apple Watch」がなければ、Face IDはマスク着用時正常に機能しない。そのため、新型コロナウイルス禍の昨今、指で触れれば済むTouch IDの再登場をiPhoneに望む声が出ていた。

また、石川氏によると、「USB-C」は一般的にデータ転送速度がLightningより速く、非アップル製品の電子機器でも広く浸透している。転送速度や他機器との互換性から、iPhoneのUSB-C化を願う人もいたとのことだ。

新しいiPad miniでは、端末上部側面の右側にある「トップボタン」(電源ボタン)に触れることでTouch IDが利用可能。19年発売の前世代機でも画面下部の「ホームボタン」でTouch IDが使えた。ケーブル端子は前世代機のLightningから上述のUSB-Cに移行した。

なお、2018年以降登場の「iPad Pro」シリーズや、2020年発売の「iPad Air」(第4世代)も、USB-Cに対応している。

iPadでUSB-C使えるのはなぜ

石川氏は、iPhoneがLightningの採用を続ける理由の1つとして「安全性を考慮」しているのではないかと推測した。他社スマホやパソコンに浸透しているUSB-Cは、電流・電圧といった仕様がアップルの規定と異なるケーブルも多く、粗悪品も存在する。アップルの端末規格に合わないものを使うと、本体の損傷や火災につながる恐れがある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング