1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

「アサヒ生ビール(マルエフ)」意外と買えそう 一時休売したはずだけど

J-CASTトレンド / 2021年9月21日 20時30分

一時休売の「アサヒ生ビール」

缶ビール「アサヒ生ビール」(通称マルエフ)が、一時休売――アサヒビールが2021年9月17日に発表した。「想定を上回るご注文に対し商品供給が追い付かないため」としている。14日の発売から3日で販売休止となった。

一方、9月20日から21日にかけて、アサヒ生ビールが店頭で買えるとの投稿がSNS上に複数出ている。状況を確かめてみた。

スーパー、コンビニ、ドラッグストアにも

マルエフは1986年に発売され、「まろやかなうまみ」などを特徴としたビール。缶の販売は1993年に終了したが、樽(たる)で飲食店には提供され続けている。今回のマルエフは、86年当時の缶の中味と同じものを発売したという。

人気により9月17日に休売し、出荷再開は未定。ツイッターでは「売り切れ」を報告するツイートが複数ある半面、20日に「どこのスーパーにも売ってる」「まだ普通に売られていた」、21日も「どこでも売ってる」「コンビニにあった」といった投稿がみられる。

記者は9月21日16時ごろ、ドラッグストア、コンビニエンスストア、スーパーマーケット8店舗を見て回った。東京都中野区ではコンビニ3店中2店で取り扱いがあり、いずれも350ミリリットル缶・500ミリリットル缶合わせて15缶以上残っていた。

スーパー1軒では、500ミリ缶が10缶以上あり、6缶セット(350ミリ)も1つ販売されていた。別の店では350ミリは完売だが、500ミリは30缶以上あった。

新宿区のスーパー1軒では、350・500ミリともに売り切れ。コンビニ1店の店頭には350ミリが約20缶、500ミリが約14缶並んでいた。ドラッグストア1店では6缶セット(350ミリリットル)のみ取り扱いあり、10セットが売られていた。

8店中、取り扱いのない店は1店、350・500ミリともに売り切れの店は1店だった。

「生ジョッキ缶」も探したが

フリマアプリ「メルカリ」では6缶セット(350ミリ)が2000円前後で転売されている。記者はコンビニで購入したが、350ミリは1缶219円(税込・以下同)、500ミリは286円だった。

なおアサヒビールでは、4月6日発売の「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」も人気を理由に通常販売を休止中だ。定期的に数量限定で売り出しており、9月7日にも再販されたが、こちらは今回どの店舗にもなかった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング