1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

シヤチハタ「消しゴムはんこ」残念なのできた ハート型ガタガタ、こんなはずじゃ

J-CASTトレンド / 2021年10月26日 12時0分

Jミー、消しゴムはんこに挑戦する。

【J子が行く】J-CASTトレンド記者「J子」とその同僚たちが、体を張って「やってみた、食べてみた、行ってみた」をリポートします。

「Jミーよ、『消しゴムはんこ』をつくってきてくれ」

シヤチハタ(名古屋市)から届いた依頼に、私が指名を受けた。ところで私、自分でも引くほど不器用だ。「私じゃなきゃダメ?企画がボツになるかも」と一瞬思ったが、決まったからには満面の笑顔で、「精一杯がんばります」。

不器用すぎて絶望

早速、シヤチハタにコンタクトをとり、消しゴムはんこの作品例を教えてもらった。見てみると、いろいろと想像力がかき立てられてきたぞ...。ついでに、「できるかもしれない」と謎の自信も湧き上がってきた。マーケティング部の女性Mさんに、意気揚々とこう伝えた。

「手始めにハート型を作ろうと思います。その次に文字スタンプで『J-CASTトレンド』と彫って、最後に『カス丸』も作れたらいいですね!」(カス丸:ジェイ・キャストの公式キャラクター。自称・世界一かわいいニュースキャスター犬)

とっても優しいMさんは、作り方を教えてくれるという。

用意したのは
・「消しゴムはんこ」専用の消しゴム
・ペン型カッターナイフ
・トレーシングペーパー
・シャープペンシル
・カッターナイフ
・カッティングマット
・紙(試し押し用)
・シヤチハタのスタンプパッド「いろもよう」

早速、オンラインで画面をつないで挑戦。彫りたい図案にトレーシングペーパーを重ねて、シャーペンで写す。

次に、トレーシングペーパーを裏返して消しゴムハンコに当てて、爪でこすって転写する。

図案の周りに3~4ミリの余白を残して、カッターナイフで消しゴムを切る。四つの角も少しだけ切り落としておく。ここまでは、順調だった。

いよいよ、次が消しゴムはんこの山場だ。ペン型カッターナイフで、図案の線の周りに切り込みを入れていく。そこに向けて、今度は図案の線の2~3ミリ外側から斜めに切り込みを入れる。

Mさん「刃の角度は45度くらいで斜めにして、そのままスーッと切り込んでください」
Jミー「.........(超集中)」

全然できない!!!

Jミー「あれ、、、できないです(泣)」

「うーん、なんでかな...」と不思議そうにするMさん。

不器用すぎて、絶望する。自分でもなぜできないのかわかりません。1時間半近くトライし続けたが、結局、ハート型すらできずにおわった...。うそでしょ...。

Jミー「本当にすみません...ちょっと、ハート型すら永遠に完成しない気が...」
Mさん「はは、大丈夫、曲線は意外と難しいんですよ~!」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング