1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

フルーツパーラー「百果園」完全閉店か 有楽町、上野、新宿の店で見たのは

J-CASTトレンド / 2021年11月12日 20時10分

シートの奥にうっすら「百果園」の文字が見える

東京都心・JR有楽町駅を出てすぐ目の前に、工事用シートに覆われた建物が――。1950年創業の老舗フルーツパーラー「百果園」だ。新宿などにも店舗を構え、串に刺したパイナップルほかフルーツを販売していた。

だが、新型コロナウイルスの流行以降は休業が続いていた。現在、工事用パネルにはベーカリー新規オープンの貼り紙がある。百果園はこのまま姿を消すのか。

ベーカリー新規オープンの知らせ

休業中の「百果園 有楽町店」がそのまま閉店するという投稿が、ツイッターで話題になった。しかし、公式的なアナウンスなどはなく、情報が不確かだ。

百果園は、上野・アメ横商店街とJR新宿駅東口にもある。上野の店に電話を掛けたが、つながらない。直接店をたずねることにした。

まずは有楽町店へ。駅から出るとすぐそこに、白いシートと足場に囲われた建物が現れた。建物正面に回るも、「フルーツ 百果園」の文字はすでにない。パネルに張り出されたポスターには、「クニャーネの店」というベーカリーが出店するという情報が書かれていた。店が変わってしまうのは、本当のようだ。

建物を物珍しそうに眺めている人たちの中には、新しい出店情報の書かれたポスターを読み込む人、「何のお店だったっけ」と口にする男性や「新しいお店のパン、おいしそうだね」と会話する女性2人組もいた。

隣の中華料理店「中園亭」の店の人に話を聞くと、百果園の関係者から直接話は聞けていないとのことで、手掛かりはつかめなかった。

色あせた「臨時休業のお知らせ」

次に確認したのは、新宿だ。東口を出ると、目の前には3D映像を放映する「クロス新宿ビジョン」がある。巨大ネコで話題になった場所だ。

「百果園 新宿店」は、その向かいにある。縦書きで「百果園」と書かれたカラフルな看板が特徴的な店構えだ。

角にある建物だが、正面のシャッターはすべて降りている。そのシャッターのいくつかには、黄色い紙があった。張り出してから時間が経っているのか、色あせている。赤く大きめの文字で「臨時休業のお知らせ」と書かれた貼り紙には、

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、当店では、お客様・従業員の安全を第一に考え、当面の間、臨時休業とさせて頂きます」

とある。しかし、これがいつ張り出されたのか、そしていつまでの予定かは記されていなかった。

靴の陳列棚や紙箱が重なり

最後に訪れたのは、アメヤ横丁(アメ横)にある「百果園 上野第1店」だ。住所を調べてたずねたが、それらしい店が見当たらない。

近隣の店の人に尋ねると、すぐに所在はわかった。店の目の前には、隣の靴店の陳列棚や靴の紙箱が積み重なり、フルーツ店の面影がない。

陳列棚の後ろをよく見ると、赤い垂れ幕がかかっている。近づいて「百果園」と書いてあるのが分かった。垂れ幕の斜め下・扉の隣には、新宿で見た黄色い貼り紙があった。こちらも内容は同じで、今後のことや有楽町店の詳細を知る手掛かりにはならなかった。

後日、「アメ横商店街連合会」に電話で問い合わせたが「ずっとやっていないので、わからないです」と告げられた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください