1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

■マイルCS「カス丸の競馬GI大予想」  グランアレグリアの連覇なるか

J-CASTトレンド / 2021年11月20日 7時0分

カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。先週のエリザベス女王杯は伏兵の台頭で誰も当たらなかったじぇい。今週はマイル(約1600メートル)のチャンピオンを決めるマイルチャンピオンシップ(2021年11月21日、阪神競馬場、芝1600メートル)きゃすう。先週は内回りだったけど、今度は外回りの直線が長いコースだから末脚が鋭い馬が強いといわれているじぇい。カスヨ姉さんの本命◎はカテドラルきゃすう。末脚自慢の一頭だじぇい。でも、この超一流クラスが集まったメンバーで勝てるきゃすう?

グランアレグリアの心配な点

カスヨ カス丸、穴党の私としては、先週の結果が悔しくて仕方ないのよ。三連単339万円よ。これだけあったら「GOTO」なんかなくたって、最高級のリゾートホテルに泊まって、毎晩グルメ三昧の旅行ができるわ。なんで失敗したのか、相当反省したわ。第一に不安のある人気馬は切るってことね。エリザベス女王杯では、1番人気レイパパレが距離不安、2番人気アカイトリノムスメは激走したばかりでの反動不安。これは指摘したんだけど、3番人気のウインマリリンは右前脚の腫れがあって本調子でなかったわ。これらがもろに出たわね。ウインマリリンなんかは可哀そうにブービー(15着)よ。人間さまのやることは、稼ぐことばかり頭にあって、馬のことは考えてないのよ。今週だって、これは同じよ。ここんところを見究めないといけないわね。先ずは恒例のコース説明よ。阪神のマイルコースは、第二コーナー付近からスタート。外回りコースなので、カーブは大きいんだけど、カーブ自体は緩やかね。そして残り3ハロン(600メートル)辺りからが下りになっていてダラダラと2メートルほど下り、残り200メートルから一気にこの2メートル分を駆けあがって、ゴールというコースだわね。直線が473メートルもあるから内回りを使ったエリザベス女王杯よりも100メートル以上も長いわ。2歳チャンピオンを決める朝日杯フューチュリティステークスや阪神ジュベナイル、クラシックの桜花賞の舞台だわね。そんな2,3歳の重賞だと、前半が速くなるんだけど、古馬(4歳以上)の重賞の阪神牝馬なんかでは前半が遅く、後半が速いという後傾ラップになりがちね。今回のメンバーを見ても、とんでもなく速く逃げる馬がいないから、後傾ラップになるんじゃないかしら。となると、先行して押し切るだけの末脚を持った馬か、中団待機で強烈な末脚を発揮できる差し馬かの勝負になるわ。それともう一つ、先週勝ったアカイイトだけど、レースを見てるととんでもなく末脚が速くみえたんだけど、上がり3ハロン(最後の600メートルのタイム)がなんと35秒7というビックリするような遅さなのよね。つまり今の阪神コースは、良馬場でもすごく上りがかかる芝が重いコースになってるということ。ここが肝心なのよ。重い芝でもどんどん走れるパワーが必要ということね。以上の点を踏まえると、カテドラルが本命になるっていうわけよ。えっ?1番人気が予想されるグランアレグリアは本命じゃないのかって?グランアレグリアはね、今回大きい不安を抱えているわね。それはレース間隔よ。グランアレグリアは3歳のときに、NHKマイルに出たのよ。このときは桜花賞に勝って、中3週でのレースだったんだけど、最後の直線で苦しくなって斜行して他馬を妨害して4着入線ながら5着降着となったのよ。その後は少なくとも中6週は空けて、レースをするようになり、だいたい連対(2着以内)するという好成績を続けてきたのよ。ところが、今年になって中2週というレース間隔があったのね。5月のヴィクトリアマイルから6月の安田記念にかけてだわね。ヴィクトリアマイルは圧勝だったけど、安田記念は2着だったわ。それで今回も10月末の天皇賞・秋から中2週というローテーションなのよ。ハッキリ言って疲れが取れてないと思うわ。調教見てても、元気なんだけど、やはり強く追ってないわね。1200から2000メートルまでのGI奪取で引退を、という人間さまの欲望通りに競馬はいかないわよ。それが失敗に終わって、得意のマイルで有終の美、という作戦なんだろうけど、馬だって生きものなのよ。先週の教訓として、不安のある馬は本命にはできないわ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください