12月の貿易収支、67億8,500万豪ドルの黒字(オーストラリア)

ジェトロ・ビジネス短信 / 2021年2月5日 16時15分

添付資料PDFファイル(139 KB)

オーストラリア統計局(ABS)は2月4日、2020年12月の貿易収支(財・サービス収支)を発表した。12月の貿易黒字は67億8,500万オーストラリア・ドル(約5,428億円、豪ドル、1豪ドル=約80円)となり、黒字幅は前月から17億7,100万豪ドル拡大した。また、2020年通年の貿易収支は720億9,300万豪ドルの黒字となり、2019年の黒字額(703億1,000万豪ドル)を上回った。

2020年第4四半期(10~12月)の財の輸出(非貨幣用金を含む)は、前期比8.5%増の932億4,000万豪ドルとなり、2020年第1四半期(1~3月)の水準(931億9,400万豪ドル)まで回復した(添付資料表1参照)。品目別にみると、穀物が前期から2倍近く伸びたほか、輸送機器(19.0%増)、機械(11.0%増)、鉄鉱石・鉱物(10.7%増)など、全ての品目で増加がみられた。

財の輸入は、前期比3.0%増の787億7,800万豪ドルとなり、2020年第1四半期(754億5,400万豪ドル)を上回った(添付資料表2参照)。品目別にみると、民間航空機・関連機器が前期から6倍近く伸びたほか、工業輸送機器(30.7%増)、自動車(25.5%増)などが大きく増加した。一方、非貨幣用金(47.7%減)、家電製品(13.0%減)、燃料・潤滑油(9.1%減)、衣類・履物(3.8%減)は減少した。

2020年通年でみると、財の輸出は前年比7.5%減の3,628億2,100万豪ドルとなり、鉄鉱石・鉱物(12.6%増)、非貨幣用金(11.7%増)、穀物(8.2%増)以外の品目は、前年と比べて減少した。特に、石炭(32.9%減)、燃料(27.2%減)、輸送機器(21.4%減)の減少が顕著だった。財の輸入も前年から5.1%減少し、3,042億3,300万豪ドルとなった。品目別にみると、燃料・潤滑油(40.2%減)、工業輸送機器(13.8%減)、自動車(12.5%減)などが大きく減少した。一方、非貨幣用金(41.2%増)、民間航空機・関連機器(28.8%増)、家電製品(11.7%増)、衣類・履物(8.3%増)などは増加した。

(住裕美)

(オーストラリア)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング