架空の「国際信州学院大学」「うどんや蛞蝓亭」ツイート騒動と法的責任

JIJICO / 2018年5月24日 7時30分

写真

架空の「国際信州学院大学」「うどんや蛞蝓亭」ツイート騒動と法的責任

「国際信州学院大学」という架空の大学に関するツイート騒動

2018年5月13日夜に「うどんや 蛞蝓亭」というツイッターのアカウントが、「国際信州学院大学」の教職員50名の貸切予約を受けたがドタキャンされたという内容のツイートの投稿をして、その投稿が拡散されて、そのうどん屋さんに同情する投稿や同大学を非難する投稿などが広まったという件がありました。

しかし実は、蛞蝓(ナメクジ)亭といううどん屋も「国際信州学院大学」も架空のものでした。「国際信州学院大学」は、匿名掲示板の「5ちゃんねる」(「2ちゃんねる」からいろいろあったようです。)のユーザーが創作したとされる“公式サイト“があります。

参考:国際信州学院大学(https://kokushin-u.jp/)

ドタキャンされたというツイートを創作されたネタだと分かって、拡散やコメントをした人もいたのでしょうが、実際に起きたドタキャンだと思った人も少なくなかったようです。

創作された内容の情報発信法的責任は?

今回のような創作された内容の情報発信の法的な責任はどうなるのでしょうか。

今回の騒動では法的な被害を被った人がいない

今回は蛞蝓亭や国際信州学院大学は実在しませんから、架空の内容のツイートで迷惑を被った人はいないともいえます。

「蛞蝓亭」や「国際信州学院大学」と混同されてしまうような似た名称の飲食店や大学を検索して探してみたところ、特に見当たりませんでした。そういう点で、「国際信州学院大学」や「蛞蝓亭」のツイートを創作した人は上手だったと思います。

今のところ、今回のツイートで実害が生じたというような話も特に見つかりませんでした。

このような被害者がいない創作情報もっと言えば「虚偽の情報」を発信したとしても、基本的には刑事責任も民事の賠償責任も生じないでしょう。

虚偽のツイートに同情して騙されたことに対する慰謝料請求も、娯楽としての創作情報も流通しているインターネットの状況からすれば、法的に保護されるような精神的苦痛があったとは言えないように思います。仮に慰謝料請求が裁判所で認められても極めて低額でしょう。

ホームページ内の写真は著作権侵害の可能性あり

なお、「国際信州学院大学」のホームページは他の実在の大学のホームページの写真を利用しているという指摘があるようです。もし、そうであれば、その写真についての著作権侵害の問題が生じそうです。この点は、創作内容の情報発信とは別の問題です。

実在の人物・企業などが被害を被った場合は法的責任あり

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング