停電に 困らない「暮らせる灯り」の準備を!

JIJICO / 2018年10月12日 7時30分

写真

停電に 困らない「暮らせる灯り」の準備を!

北海道全域の大量停電 「灯り」の必要性を再認識

北海道胆振東部地震では、ブラックアウトにより北海道全域で295万戸停電という前代未聞の大災害が起こりました。「懐中電灯1本あれば、大丈夫!」という安易な準備では安心できないことを示唆してくれました。また、次々と襲ってくる台風でも、首都圏(東京・千葉・神奈川)で46万戸、中部電力(愛知・岐阜・三重・静岡・長野)では119万戸以上が停電に見舞われ、復旧に1週間以上かかるケースも見られました。「まさかこんなになるとは…」とニュースにくぎ付けになった人も多いでしょう。

わが家には、あちこちに「電灯」があり、来客はその多さに驚かれます。部屋ごとに3つは備えていて、玄関・トイレ・洗面所にもあります。一通り見おわると「やっぱり生活を考えると、これくらいの明るさが必要だわ!安心が第一ね!」と灯りの準備の大切さを再認識されます。

これまで、防災を意識してひとつひとつ増やしてきましたが、もともと私は「暗闇が怖いビビリ屋さん」。停電以外にも、子供の頃に押し入れに入れられた経験やキャンプでの怪談話から、部屋が真っ暗になったら怖くてたまりません。災害時の暗闇が、お子さまの不安やトラウマにならないよう思いをこめて、ご参考までに家の中にどのような品を備えているか紹介します。

停電でも「暮らせる灯り」とは

日ごろは夜の時間を気にしませんが、日没から日が昇るまで12時間、半分でも6時間も闇になると大変です。停電が長引くと「じーっと座って…」というわけにもいきません。家族と顔を見合わせ励ましあう会話、料理や食事、洗面にトイレなど作業して動きまわり、部屋を移動します。「気晴らしに、トランプでもしようか…」となるかもしれません。

大きな地震では、倒れた家具や散乱したモノが足元にありますから、転んだりケガをしたりする危険が伴います。また、停電時に灯りがない家には、窃盗が入る可能性もあります。できる限り安心に過ごせるよう、外からも灯りがわかり、部屋全体が見える「暮らせる灯り」の必要を感じています。どのタイプの電灯を置くと効率がいいか、日ごろから試して「定位置」を決めてみましょう。

1.電池に頼らない灯り 「手回しタイプ」 携帯を充電できる?!
「電池がなくてもOK!」「どこでも使える!」という利点で、手回し発電タイプが気になっている方は多いと思います。10年ほど前は水筒くらいの大きさだったのが、今はコンパクトな手のひらサイズ。ラジオ・サイレン・コンパス・携帯を充電できる多機能な一体型が便利です。ただし、いざ使うときには、一定時間を続けて回わしますから、腕が疲れます。そのため、私は他の電池が切れたときの最終手段として、「困らない、焦らない」という気持ちにゆとりをもつための「安心ツール」として持っています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング