買い物前に部屋の写真を撮るべし…最速で1千万円貯める方法とは

WEB女性自身 / 2018年6月14日 6時0分

写真

毎月毎月“自転車操業”。いっこうにお金が貯まらないと悩んでいるのは、余計なモノを持ちすぎているかもしれない――。

「老後を迎えると、嫌でも収入が減り、使えるお金は限られます。現在の年金モデルは、夫が会社員の2人暮らし世代で月22万円の支給額ですが、今後減ることが予想されます。いまのうちから不要な支出を減らし、手元にお金を残しておく必要があるでしょう。50歳までに1,000万円は貯めておきたいですね」

そう語るのは、元雑誌編集者で“家計”について20年以上にわたって取材してきた経験を持つ、消費経済ジャーナリストの松崎のり子さん。一般企業の場合、多くは60歳が定年。再雇用や再就職をしても、定年後の収入が3割から半分に減ってしまう人が2割以上だという。

早めに老後資金を貯めておきたいけど、生活レベルは落としたくないと考える人は多いが……。

「上がっているのは生活レベルではなく出費だと考えてください。年収が上がるにつれて、甘くなった出費が増えているのが問題。その中には、本来は使わなくていいお金が潜んでいます。お金の出方を修正すれば、自然と手元にお金が残り始めます」(松崎さん・以下同)

新入社員のころ、30歳までに1,000万円貯めることを目標に立てた松崎さん。見事5年ほどでその目標を達成したという。5月に出版した『定年後でもちゃっかり増えるお金術』(講談社)では、そんな経験も生かし、さまざまなお金を貯める方法を紹介している。

「これまで取材してきた、貯め上手の家庭と、貯まらないザル家計の違いは、お金の『貯め方』より『使い方』にありました。そもそも使わなければお金は貯まります」

そこで、松崎さんが支出を減らす方法を伝授。

「ストレス発散でお茶代がかさんだり、見えのために不必要に買い物をしてしまったり。そんな不満は減らして、なるべくお金をかけない人間関係にシフトしましょう」

ママ友や同僚に誘われるままに付き合っていると、「しょうがない」と思いつつ、食事や飲み会で数千円単位でお金が出ていくもの。また、SNSにあふれる他人のイベントを見ていると、「つい自分も」と新しいレストランに行ってみたり……。

「お金は使いたいモノに使うべきであって、不満解消のために使ってしまうのはダメ。グチや見えのためだけの、不満のもとになるような人間関係は減らしましょう。お金を使うことは本来楽しいものです」

また、ストレスをなくして健康に生きることは、お金の節約にもつながるという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性自身

トピックスRSS

ランキング