木村拓哉の主演ゲーム発売が大反響「想像以上」「はよ帰って」

WEB女性自身 / 2018年12月13日 19時9分

写真

12月13日、リーガルサスペンスアクションPlayStation 4用ソフトウェア『JUDGE EYES:死神の遺言』がセガゲームスより発売された。同作では木村拓哉(46)が主役を演じており、Yahoo!トレンドランキング1位に「キムタク」がランクインするなど話題となっている。

『JUDGE EYES:死神の遺言』は、大人気ゲームソフト『龍が如く』を手がける『龍が如く』スタジオが手がけている。東京を舞台に連続猟奇殺人の謎を追う物語。プレイヤーは元弁護士で現在探偵の八神隆之になり、探偵としていろいろな事件の謎を迫っていく。木村はこの八神を演じる。また谷原章介(46)やピエール瀧(51)などの有名俳優も主演しており、TVドラマのような感覚で楽しめるという。

公式ホームページによると木村は開発スタッフと様々な打ち合わせを重ね、1,000分以上にわたるドラマパートのボイス収録を実施したという。龍が如くスタジオ公式YOUTUBEチャンネルでは、木村のメイキング映像が公開されている。

ファンからは「キムタクを動かせる日が来るなんて」「主人公役が木村拓哉って、想像以上におもしろい!」とすでにゲームをプレイした人からの感想が続出。「猛烈にキムタクが如くが欲しくなってきた…!」「はよ帰ってキムタクが如く、やりたい…」と『JUDGE EYES』を「キムタクが如く」と呼んでおり反響の大きさを伺わせていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング