眞子さまを脱・小室圭さんへ!秋篠宮さまの“勝負の3年間”

WEB女性自身 / 2019年2月21日 11時0分

写真

秋篠宮ご一家は2月10日、御仮寓所へと引っ越された。秋篠宮邸が改修工事に入るため、ご一家は3年間この建物に仮住まいされる。

「御仮寓所の建設費は9.8億円。引越し費用や備品代も含めれば10億円を超えます。さらに秋篠宮邸の改修には、33億円もの予算が計上されています」(皇室ジャーナリスト)

秋篠宮ご夫妻は、なぜこのタイミングで秋篠宮邸の改修を始め、多額の費用をかけて御仮寓所の新築と引っ越しを断行されたのだろうか。宮内庁関係者が語る。

「秋篠宮ご一家が、現在は皇太子ご一家がお住まいの東宮御所に引っ越されるという案もあったのです。しかし両陛下が長年の思い出が詰まった東宮御所での生活を望まれたため、手狭な秋篠宮邸の改修が必要となりました。御仮寓所には3年しか住まわれませんが、その後は職員の事務棟や収蔵庫として使われます。皇嗣となられる秋篠宮さまは、万全の準備を整えられているのです」

前出の皇室ジャーナリストは、秋篠宮ご夫妻にはもう一つのもくろみがあると語る。

「実は御仮寓所が建った場所には、もともと秋篠宮ご夫妻が新婚当初を過ごされた“旧御仮寓所”があったのです。思い出の場所で過ごす3年間で、なんとしても眞子さまを『脱・小室圭さん』に導かなければならない――。秋篠宮さまには並々ならぬご決意がおありのようです」

見取り図を見ると、御仮寓所のすぐ脇には小さな池がある。当時、秋篠宮ご一家を取材していた記者が懐かしそうに語る。

「これは『ナマズ池』ですね。秋篠宮さまが研究対象のナマズを飼うために造られたのですが、眞子さまも餌やりをされていました。眞子さまや佳子さまがお小さかったころには、記者たちも気軽にお訪ねできる雰囲気でした。ご姉妹と庭で遊んだこともありますが、眞子さまが“佳子ちゃん”とお呼びになって、ほほ笑ましいお姉さまぶりだったのを覚えています。秋篠宮ご夫妻がナマズ池を残されたのも、『あのころを思い出して』という眞子さまへのメッセージかも知れませんね」

小室さんは’21年5月にロースクールを修了予定。秋篠宮邸の改修が終わる’22年3月までには金銭トラブルも決着し、ご結婚か破談かの結論もついていることだろう。3年後、眞子さまがお住まいになるのは小室さんとの新居なのか、それともピカピカの秋篠宮邸なのか――。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング