ポカリCM「揺れる想い」復活に歓喜の声「青春時代思い出す」

WEB女性自身 / 2019年6月15日 23時54分

写真

6月6日に大塚製薬がポカリスエットの新CMを公開した。8日からテレビでも放映され、Twitter上で反響を呼んでいる。

ファンからは《ポカリスエットのCM流れた!》《とっても嬉しいです》《センスあるなぁ》《流れてるんだね~ 青春時代を思い出す》《毎日リアルに観たい》と歓喜の声があがっている。

CMでは「母娘の揺れる想い」をテーマに、ZARDの楽曲「揺れる想い」を吉田羊(年齢非公表)と鈴木梨央(14)が“母娘”でデュエットしている。動画ではフルバージョンも視聴可能だ。

同CMでZARDの「揺れる想い」が始めて起用されたのは1993年。オリコンではシングル売上ランキング2位を獲得したZARDの代表曲だった。以降も96年には「心を開いて」が選ばれるなど、ZARDの楽曲を起用してきた。

今年、ZARDの坂井泉水さん(享年40)は十三回忌を迎えた。命日である5月27日には東京と大阪で献花台が設置され、ファンから《今もすごく多くの方に愛されているZARDが大好きです》《これからも思い出す度聴かせて下さい》との声があがっていた。

そんな中でのCM起用に《このCMを見た人が坂井さんの魅力に気づいてくれると嬉しい》など歓喜の声が続々。また《21世紀生まれのこたちにも是非聴いてほしい》《ZARDを知らない世代にも広まると良いですね》と切望する声もあがっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング