小手伸也にスキャンダル報道浮上も出演作品への影響は限定的か

WEB女性自身 / 2019年10月17日 21時10分

写真

昨年4月期のフジテレビ系ドラマ「コンフィデンスマンJP」でブレイクを果たした俳優の小手伸也(45)にスキャンダルが――。先週発売の「週刊文春」(文芸春秋)で“独身偽装不倫”を報じられたのだ。

同誌によると小手は17年1月、自身のSNSでファンの女性と接触。独身と偽り男女の関係になったとのこと。そしてブレイクした昨年5月に突如、女性へ別れを告げていたというのだ。報道を受け、小手は10日に公式サイトに謝罪文を掲載した。

小手は17日スタートのフジ系ドラマ「モトカレマニア」に出演。11月16日からWOWOWプライムで放送される「連続ドラマW 引き抜き屋~ヘッドハンターの流儀~」に主要キャストで出演する。

そして、11月24日放送の国民的アニメ「サザエさん」の実写版ドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」では穴子役をつとめることが発表されていた。だが報道後、3本のドラマへの影響は伝えられていない。

「影響が限定的なのは、まだ主演級ではないということもあるのでしょう。またNHK朝ドラ『なつぞら』の登場が残っている段階で発覚していたら、シーン差し替えなどでかなりのダメージを受けていたはずです。とはいえ過去の話ではあるものの、女性に対してあまりにも不誠実。今後、さらにステップアップしていくためには襟を正す必要があるでしょう」(芸能記者)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング