剛力彩芽 再起の道のり…破局バブル状態も求められる女優実績

WEB女性自身 / 2020年3月17日 18時55分

写真

女優の剛力彩芽(27)が3月16日、映画「お終活-熟春!人生、百年時代の過ごし方-」(2021年春公開)の製作発表会見に出席したことを各スポーツ紙が報じた。

剛力は昨年11月、ファッション通販大手・ZOZO創業者の前澤友作氏(44)と破局。それから初の公の場への登場とあって、多くの報道陣が集まったという。

同作のテーマである“終活”にからめて“最近、整理したこと”を聞かれた剛力は「洋服の整理をつい最近したばかり」と回答。すると「買うのはネットショッピングで?」と前澤氏を暗に絡めたツッコミが。しかし、剛力は「いえいえ。私はお店で試着して選ぶ」と表情を変えず返したという。

一時期は女優として数々の作品に出演。CMやバラエティー番組のMCにも活動の幅を広げていましたが、前澤氏と交際中に仕事が激減。現在のレギュラーはフジテレビ系「奇跡体験!アンビリバボー」のみとなってしまった。

「前澤さんとの交際や破局で注目を集めており、マスコミ各社は彼女のコメントを取ろうとしています。つまり、今の彼女はある種の“バブル状態”にあるともいえます。しかし、いつまでも“破局ネタ”で引っ張るのには限界がある。おととし秋に稲垣吾郎さん(46)の相手役をつとめた舞台『No.9-不滅の旋律-』では、その演技力が高く評価されていました。こうした女優としての実績を見せていくことで、今後の再起の道が見えてきそうです」(芸能記者)

ここからが女優としての正念場のようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング