占い師が語る神様を呼ぶ掃除は「はたき・ほうき・ぞうきんで」

WEB女性自身 / 2020年6月12日 11時0分

写真

コロナ禍による外出自粛が長引く中、「仕方ないから家の掃除でも……」という人もおおいはず。でも、せっかく掃除をするなら、ただ汚れを落とすだけでなく、きれいになった家の中に神様を呼び込んで、運気を上げてみませんか?

「神様というのは“穢れ”に近づくことができません。ですから、せっかく神社やパワースポットに行って、いい気をいただいて帰ってきても、家が汚れていたらその気はリセットされてしまいます。ついてきてくださった神様も、居心地の悪さに逃げ帰ってしまうことでしょう」

そう話すのは、予約半年待ちという大人気の霊的占い師、嶋田美幸さん。嶋田さんは熊本県で三代続く瓦屋の娘として生まれ、地鎮祭や上棟式など、家と関わる神事を身近に感じる環境で育ってきたという。

「どんな家にも、人が住むところには“家神様”がいらっしゃいます。私たちの家の中にはたくさんの神様がいらっしゃいますが、なかでも家神様はその中心的な存在で、住人を災いから守り、導いてくれるのです。ところが、部屋がモノであふれたり、掃除が行き届かずホコリだらけになってしまったりといった具合に家が荒んでくると、悪い気が充満し、家神様の力は薄れてしまいます。当然、外から福をもたらす神様が入ってくることもできません」(嶋田さん・以下同)

空き家になると家が急速に荒廃していくのは、手入れが行き届かないことだけが原因ではなく、家神様がいなくなり、その代わりに貧乏神や疫病神といった災いを呼ぶものがすみ着くからだという。

「きれいなところにはきれいなものが、汚ないところには汚ないものが宿ります。家が汚れていると病気やトラブルなど悪いものを引き寄せてしまいますが、逆にきれいな家では神様がパワーアップし、私たちに幸運をもたらしてくれるようになります。そのカギが、お掃除なのです」

今年2月には、その掃除法をまとめた『神様が味方する奇跡のお掃除術 家と自分をパワースポットにして大開運!』(今日の話題社)を出版。本の内容を実践した読者からは、「宝くじが当たった」「諦めていた結婚が40代になってかなった」「息子のうつ病が治った」などの声が相次いでいるという。

嶋田さんが掃除で“神様を味方につける”ための3つのポイントを教えてくれた。

【1】三種の神器は「はたき・ほうき・ぞうきん」

神様を呼び込むお掃除術のカギとなるのが、これらの道具。どれも日本人が古来、使ってきたものだ。

「一昔前までは、玄関先をほうきで掃く光景がよく見られました。これにはお掃除だけでなく、家の前から邪気を払う意味もあったのです。神様をより身近な存在として感じていた昔の人は、こうしたお掃除の意味に気づいていたのでは」

【2】洗剤は地球にやさしいものを選ぶべし!

「神様は万物に宿るもの。万物=地球にやさしい洗剤を選べば、より神様に喜んでもらえます」

たとえば洗濯なら、通販で購入できるマグネシウムの粒200〜300グラムを二重にした洗濯ネットに入れ、クエン酸と一緒に洗濯機に入れるだけで市販の洗剤同様の効果がある。また、塩には研磨作用があり、水に溶かしてふき掃除にも活用可能。

【3】場所ごとに違うお掃除の効果とは

玄関は対人関係、台所は健康など、場所ごとにお掃除で運気アップが期待できる効果は異なる。

「トイレを掃除すると金運が上がるとよくいいますが、これは当たっています。とくに、道具を使わず、素手に洗剤をつけてお掃除をすると、効果てきめん。年収が1桁増えたという報告も少なくありません」

ただし、掃除後の手洗いは入念に!

掃除で神様を呼び、わが家を最強のパワースポットにしよう。

「女性自身」2020年6月2日号 掲載

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング