石橋貴明がYouTubeに活路 木曜21時配信でフジに対抗か

WEB女性自身 / 2020年6月22日 18時42分

写真

石橋貴明(58)が6月19日にYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」を開設し、動画をアップした。そこで石橋は江頭2:50(54)を引き合いに出し「打倒エガちゃん」とコメント。動画は2日で136万もの再生回数を記録し、チャンネル登録者数も23万人超え。上々の滑り出しを見せている。

動画のサムネイルに「石橋、ヒマだから やるってよ」と記されているように、確かに彼の現状は全盛期とは様変わりしている。

「石橋さんはフジテレビで『みなさんのおかげでした』を30年も続けました。その功労を讃えて『石橋貴明のたいむとんねる』はスタートしましたが、視聴率は2%台にまで低下したことも。そして放送からわずか2年で終了しました。石橋さんは今年4月から『石橋、薪を焚べる』に出演しています。同番組は唯一のレギュラー番組ですが、一部地域の同局系列でしか放送されていない“ローカル番組”です」(制作関係者)

またフジテレビ関係者は、局内の「風向きの変化」についてこう語る。

「遠藤龍之介社長は『局が不調になった原因は保守性、おごり』と公言し、抜本的な見直しに着手しています。そんななか石橋さんに扱いづらさがあるのは事実。ギャラが総じて高く、『たいむとんねる』は23時台にも関わらず1本100万円と破格でした。また『たいむとんねる』は内容的にDVD化もできません。『そんな番組を続けるべきではない』と社長は考えていました。そういった傾向にくわえて、テレビは年々規制が増えています。石橋さんも別の道を模索していたようです」

そうしてYouTubeに進出した石橋。「貴ちゃんねるず」では「みなおか」のディレクターである盟友・マッコイ斉藤氏とタッグを組むという。

「YouTubeのギャラは出演料でなく広告による収益という形です。評価は自分次第であるため『やりたいことをやろう』という気持ちで活路を見出したのではないでしょうか。石橋さんには強力な人脈があります。規制の少ないYouTubeなら親交のあるイチローさん(46)や武豊さん(51)など、有名人の出演するハードルも低いのでは。YouTubeは『みなおか』枠の木曜21時更新とのことですし、“打倒フジ”を目指してるのかもしれません」(前出・制作関係者)

YouTubeに先駆けて、Twitterも始動している石橋。新たなフィールドに挑戦する彼の行方はどうなるだろう?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング