SixTONES松村北斗「憧れの人は大泉洋さん!」

WEB女性自身 / 2020年8月1日 11時0分

写真

待望の2ndシングル『NAVIGATOR』が大ヒット中のSixTONES(ストーンズ)が、女性自身本誌の表紙に初登場♪ デビューから半年たったいま、自身が感じる“進化”についてメンバーに聞いてみました!

■松村北斗(25)

ーーデビューしてから、自分が進化したと思うのは?

「自分のパートが多くなって、歌う機会が増えたので、低音を安定して出せるようになりました」(松村・以下同)

ーーほかのメンバーが進化したポイントも教えて!

「ジェシー(24)→ここぞというときに臆さない肝の太さに磨きがかかった。京本大我(25)→コメントにメリハリがあっていい(笑)。高地優吾(26)→1人でバラエティに出たときもしっかり爪痕を残してる。森本慎太郎(23)→度胸の強さ。『鉄腕DASH』を見てると誇らしい気持ちになります。田中 樹(25)→統率力かな。グループで何かを決めるとき、常に方向性を示してくれる」

ーー“男の色気”って、言い換えるとなんだと思う?

「諦めてきたものの数だと思います。僕も、はじめは正統派アイドルになりたかったけど、そういうアプローチじゃないなって諦めました(笑)」

ーー「この人には男の色気がある」と感じるのは?

「大泉洋さん(47)。憧れの人です。生きてきた歴史が顔に出ていてすごく色っぽい!」

ーーちょっとイレギュラーな今年の夏に挑戦したいことは?

「今年も仕事以外の時間は、家でゲームしたり、映画見たりします」

「女性自身」2020年8月11日 掲載

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング