【ポップな心霊論】「生き霊の声を聞いちゃったかもしれません」

WEB女性自身 / 2020年8月2日 15時50分

写真

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(29)。『ホンマでっか!?TV』などへの出演も話題になり、この夏初の著書『ヤバい生き霊』(光文社)の発売も決定。『ポップな心霊論』は、そんな彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

【生き霊の声を聞いちゃったかもしれません】

この間、久しぶりに劇場の出番がありました。すると顔なじみのファンの方から、SNSで「出待ちしていいですか?」というメッセージが届いたんです。

すごくうれしいことなんですけど、実はいまコロナ対策で出待ちが禁止されてるんですよね。それを伝えて断ったんですけど「どうしても会いたいんです!」と食い下がられてしまって……。

でも、何かあっても責任取れないので、ちょっとキツめに言って、なんとか納得してもらいました。

そして当日。ライブは無事に終わって、帰りに駅まで歩いていると、背後から「すみません」と声をかけられました。でも「なんですか?」と振り返ると、そこには誰もいないんです。

おかしいなと思いつつ、前に向き直って歩きだすと、また「すみません」という声がして。振り返ると、やっぱりそこには誰もいません。

そのとき気づいたんですけど、僕ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンをしていて。人の声がそんなにはっきり聞こえるはずないんです。

すると、50メートルくらい先に、出待ちしたいと言っていたファンの方が、こちらをじっと見つめているのが目に入りました。まさか、生き霊の声が聞こえたんですかね?

【PROFILE】
シークエンスはやとも
1991年生まれ。吉本興業所属。『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)などで見せた芸能人の霊視も話題に。自身のYouTubeチャンネルでも心霊話を配信中。8月4日には本連載をまとめた初の著書『ヤバい生き霊』(光文社)が発売される。

【お知らせ】
はやともさんへのファンレター・心霊相談は、

〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6

光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!

「女性自身」2020年8月11日 掲載

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング