真木よう子 現場が驚いた変心ぶり…警察作品オファー殺到の訳

WEB女性自身 / 2020年8月11日 6時0分

写真

雨模様だった7月中旬の早朝、都内から車で1時間ほどの場所にある廃校に撮影スタッフが集まっていた。そこにマネージャーの運転する車で現れたのは、真木よう子(37)だ。

サマーセーターにジーンズというラフな格好の彼女。出迎えたスタッフに傘をさしてもらうと、現場である中学校の校舎へと入っていった――。

真木といえば、現在放送中のドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)の第1話にゲスト出演。警察学校を舞台にした作品で謎の美女役として出演し、その迫真の演技に絶賛の声が上がっていた。

だが、この日の撮影はまた別の作品だった。

「実は真木さん、来年放送のドラマでも“警察もの”に出演しているんです! 警察官役ではないものの、アクションシーンが満載となっています。『SP』シリーズで抜群の身体能力を見せたことで、『ぜひ真木さんに演じてほしい』と白羽の矢が立ったといいます」(ドラマ関係者)

18年1月の独立騒動から“お騒がせ女優”とも呼ばれていた真木。しかし同年9月に現在の事務所に移籍。今回の現場では、その“変心ぶり”に驚きの声が上がっているという。

「もともとアクションシーンに定評のある女優さんでしたが、『主張を曲げない』というイメージがあって起用を敬遠する人もいたそうです。

だから私もお会いするまでは『怖い人なのかな?』と思っていたのですが、あまりにも前評判と違っていたので驚きました。現場では、かなり柔軟にディレクターや殺陣師の言うことを聞いています。共演者ともすぐに打ち解け、談笑する姿も。意見交換も積極的に行っていました。

そんなすっかり変わった彼女に、『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系)や『未満警察』などの“警察もの”オファーが殺到しているようです。実際、今回の現場でも『次も出てほしい』との声が制作側からも上がっています」(前出・ドラマ関係者)

18年11月、本誌の取材で「身体が動くうちに、もう一度派手なアクションをやってみたい」と語っていた真木。一度どころか、アクション女優としての飛躍に期待できそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング